カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

LUMIXの望遠電動ズームレンズH-PS45175がメカニカルでカッコイイ【マイクロフォーサーズ45-175mm】

趣味用カメラLUMIX DMC-GM1SKのキットレンズとして手に入れたH-PS45175-Sですが、この製品はカメラに機械としての魅力を感じる者にとって正にうってつけの望遠ズームレンズです。

DMC-GM1SKとH-PS45175-Sの組合せ

コンパクトさと斬新なデザインを併せ持った筐体とその機能性は、マイクロフォーサーズという小さな規格ながらもカメラを所有する喜びを充分に満たしてくれます。

H-PS45175-Sのデザイン

単体で見たLUMIX_H-PS45175レンズ

LUMIX_H-PS45175は一見するとレンズらしさより、それ自体が単体で使える機材かのような存在感があります。

カラーはブラックとシルバーの2種類

レンズ正面い書かれたH-PS45175の名称

H-PS45175には末尾にKと記載されたブラックと、今回紹介するSと書かれたシルバーがあります。

ちなみにカタログによればH-PS45175-Sとは品番(型番)で、名称は「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」と長いです。

カメラよりレンズが大きくなる組合せ

レンズが大きく見えるGM1

個人的な趣向の問題かもしれませんが、レンズが大きいことは頼もしいことでもあります。

フルサイズ一眼レフでさえレンズ性能にこだわれば、カメラより大きなレンズを装着することになり、その特異な組み合わせはカメラ好きにとってある種の優越感をもたらすことでしょう。
GM1にH-PS45175の組み合わせもこれと同じく、遠くを撮影するという目的に特化させた自分のカメラに普段とは違った愛着を感じられることになります。

レンズの正面に記載されたXの文字

カメラと組合せて見たH-PS45175-Sの正面

H-PS45175-Sの正面に記載されたXの文字は、Panasonicの光学技術を終結したLUMIX最高峰のレンズであるXレンズに付されものです。

ナノサーフェスコーティングの文字

レンズの仕様を確認すると、名称にVARIOとPOWER O.I.S.の二つの記載があるものがXシリーズとされています。但し、高倍率ズームレンズだけは普通のGレンズになっていて、実際には採用しているコーティング技術や描写性能による評価で決定されるようです。

なお、手ぶれ補正(POWER O.I.S.)があっても単焦点レンズには今のところXが付されていません。

クローズアップレンズで撮ったH-H020A

H-PS45175に合うレンズフィルターのサイズはH-H020Aと同じ46mmなので手持ちのクローズアップレンズをつけて試し撮りしてみました。
写真はH-H020Aのレンズですが、ご覧の通り埃が目立ち過ぎるまでにしっかり撮れてます。

メカニカルなズームレンズ

ズームスイッチとズームリング

このレンズは電動ズームレンズの特徴としてズームリングとスライド式のズームスイッチが両方ついています。

撮影のシーンによって、電動でズームするか手動で調整するかを選べるわけですが、どちらが自分にあっているか判別がしにくい初心者にとってはありがたい装備であります。もちろんフォーカスリングも付いているので、レンズだけで操作機構が3つも付いていて、メカニカルな印象を受けます。

また、H-PS45175の特徴としてズーム時にレンズの筺体を伸縮させることがなくズーム機能を使っても全長が変化しません。レンズ交換式のカメラを手にしたばかりの初心者である私としても、このことには多少意味があります。

沈胴式のレンズでズーム時に鏡筒を繰り出した格好はコンデジのそれを連想することになり、初心者なりに格好悪いのです。
レンズに対する趣向が変われば意味のないこだわりですが、今この瞬間に自分のセンスを満たすものが手の内にあるということは、それだけで優越感に浸ることが出来るものでしょう。

そして、これらの機能が詰まったレンズのコンパクトさとはあいまった重量感もユーザーを満足させるものがあります。

片手にしっかり収まる望遠ズーム機能

アナログ感を意識しない斬新なデザインは、そのサイズからも余計なものを切り捨てた潔さとメカニカルな雰囲気が漂います。

液晶側から見たH-PS45175を装着済みのカメラ

H-PS45175は、ものがズームレンズだけに街撮りなどの普段使いでは出番が少ないですが、たまに持ち出した時には完成されたデザインと機能性に関心します。

並の一眼レフなら持ち運びに躊躇してしまうほどの望遠性能が、マイクロフォーサーズならしっかり片手の中に収まってしまう程で、機動性を考えた場合にも有利なレンズです。

単焦点レンズと並べたズームレンズ

光学性能云々の話になれば大きなレンズには劣るのでしょうが、趣味の域で楽しむことと持つ喜びや性能と機動性のバランスを求めるならば、それらの目的を充分に満たしてくれるレンズがH-PS45175と言えるでしょう。

【レンズ関連】

ミラーレスカメラにはネックストラップよりハンドストラップが良いと考える理由

ミラーレス一眼を手に入れてからカメラには常時ネックストラップをつけていましたが、街を歩く際などストラップについては多々思う事があるのが事実です。

観光地でもない人通りが多い場所でカメラを首からぶら下げている格好は「趣向が特別な人」と見分けがつきにくいので誤解を招きかねないことになります。

参照:お洒落な社外品のカメラストラップは大人の男を想定していない

カメラの趣味とその携行スタイル

ハンドストラップというスタイル

本来なら趣味で使うカメラの持ち運び方は、撮りたいものや場面に応じてそのスタイルを選ぶ楽しさがあることでしょう。

ところが私の場合、街中の風景を好んで撮りたくて人気のない自然の風景などにはあまり興味がないためカメラの持ち運びスタイルに選ぶ楽しさは付きまといません。

男は周りの目など気にしてはいけないのは確かで男は強くなければいけません。

しかし、その文句は常にどんな状況でも周りに影響されない「とてつもなく強い男」(または変態)にだけ適用されることだということは、ある程度大人にならないと分からないことだったりします。

実社会において人にどう思われるかは、少しは気にしたほうが良いし、それは快適に人生を送るための一つのテクニックでもあると思っています。

そんな事情からも、少数の特別な趣向の方に間違えられないためには街を歩く際などカメラはバッグの中に忍ばせておくのが良いようです。

持ち運びにハンドストラップが良い理由

プロでもない限りカメラを持ち運ぶバッグに普通のバッグを使うのは珍しくないと思います。

カメラ専用のものでないと、バッグの中でカメラが他のものとぶつかったり擦れて傷がついたり、または意に反してスイッチが入ってしまったりと少々のトラブルに見舞われたりしますが、お手軽さを考えればさほど気にすることではないと思います。

しかし、ここに来て気になりだしたのがバッグに入れて持ち運んでいるとき、ここの景色がいいなぁと、カメラを取り出す動作に入るのですが、この時に長いネックストラップが実に邪魔になるのです。

街中ではカメラはスマートに取り出したいものです。ですが、素早くカメラを取り出したいとき長いストラップはバッグの中の様々なものを巻き込んで出てこようとするのです。
それは、時にはボールペンだったりハンカチだったり(はたまた昼には人前に出したくないものだったり)して大変!

こんなときハンドストラップならスムーズに取り出せるような気がするのです。

ハンドストラップを付けたミラーレスカメラ【GM1】

ハンドストラップのパッケージ

今回用意したハンドストラップはETSUMIというメーカーのものです。ストラップ幅20mm、長さ27cm、先端テープ幅10mmとなっていて色はGRAY(カタカナでグレーじゃだめなのかい)。

先端テープ幅の10mmは我がLUMIX GM1Sにはやや太めでぎりぎり留め金具に通せる太さでした。

ハンドストラップをつけたGM1

このようにハンドストラップだとすっきりして見えます。

今後気を付けたいのはカメラの落下ですね。ヤフオクなんか見てると落として壊れたのをジャンク品扱いで出品している方を見かけます。
スマホなどの携帯電話は私も何度か手元から落下させたことがありますので人ごとではありません。しかし、ものがカメラですし休日などの限られた時間しか手に持たないのと、スマホと比べてデジタルカメラは表面に凹凸がありゴツゴツしていてウッカリ手元が滑る確率は少ないのではと今のところは楽観視しています。

実際のところは、しばらくこのスタイルで使用してみてですね。
バックの中から恥ずかしいものを巻き込んで外に出してしまう心配についてはだいぶ確率が低くなることでしょう。

カメラ用ネックストラップは観光用か

ネックストラップについて散々なことを書いていますが、この先に出会うシーンによっては考え方が変わるかもしれません。デカいカメラが欲しくなってしまうということも考えられます。

そして、カメラと観光地への旅行を考えた場合、自分が初めて触れる優雅な景色へは堂々とカメラを身に着け思う存分撮る行為を楽しみたいものです。そんなときは、やはりネックストラップしかないでしょうね。

そもそも、趣味用としてカメラ用ネックストラップを手にした場合、それは観光(sightseeing)のときに最も機能を発揮してくれることでしょう。

本気の観光旅行はバックにカメラを出し入れする間も惜しいし、まずカメラそのものの存在より撮る行為が優先される時間を過ごすことになります。

カメラで飯を食っているかどうかでも持ち運びスタイルは異なる

それから職業としてカメラを持つ場合もネックストラップしかないでしょう。プロのカメラマンなら肌身離さずカメラを身に着けることになるし、そんな人なら首から下げるスタイルに違和感を感じません。

そしてカメラ用ストラップについては素人が思いつかないウンチクを多数お持ちのことでしょう。

もちろん、プロじゃなくても仕事上で写真を撮らなくてはならない時間は首から下げていたほうが効率が良いですしフットワークが良くなりそうです。

こんなときにも嬉しいカメラ用ハンドストラップ

カメラを写真に撮るにはハンドストラップが良い

このように趣味カメラのブログを書いている私ですが、ハンドストラップにしてみて初めて気づいた良い点があります。

カメラそのものを写真にとるとき、ネックストラップよりハンドストラップのほうがしっくりくるのです。

正直私は、良い写真が撮りたくてカメラを持っているという意識は薄く、どちらかというとカメラという小さな機械が好きなのです。そんな目線で甲乙つけるなら、ハンドストラップはミラーレスカメラの存在を際立たせてくれるベストなアイテムと言えるでしょう。

大衆が群がる冬の風物詩『SENDAI光のページェント』をザックリ写真に撮る

お気に入りのカメラを手にしたからには是非美しいものを撮りたい。
しかし、皆がこぞって撮るものに自分が手を出したところで果たして何か成果のようなものを得られるのだろうか気になるところです。
大勢が撮るメジャー過ぎるネタをネットにアップしても果たして見ていただけるものでしょうか。

光のページェント横断歩道の途中

そんな初心者がもつ遠慮しがちな気分を払拭してくれるほどの盛大さを魅せてくれるのが「SENDAI光のページェント」です。見どころが多いであろう大規模イルミネーションをザックリと写して来ました。

仙台光のページェントはどこが起点か

SENDAI光のページェントを初めて見に行く際に勝手がわからないと街の中を歩いているうちに徐々にイルミネーションが姿を現すことになります。このとき、どこが正面でどのように鑑賞すればよいのか戸惑うのが正直なところではないかと思います。

遠方からの観光を想定し地下鉄の駅を基準に考えれば光のページェントの始まりは勾当台公園駅の出口あたりでしょう。

勾当台公園駅を出てすぐの様子

地元宮城の人などは仙台駅から歩いてくるパターンが多いのではと思います。その場合は一番町商店街から定禅寺通りへ出た信号あたりから光のページェントを見歩くことになります。

駅の出口とイベント会場の大きなイルミネーション

駅の出口も商店街の通りもそんなには離れていませんので、その辺りからケヤキ並木の中央を歩いて鑑賞するのがノーマルなスタイルでしょう。

どう撮る?光のページェント

いつもはカメラにLUMIX20mmf1.5のレンズをつけたまま持ち出していましたが、今回は広い範囲を映せるようオリンパスの17mmf2.8を付けて出かけました。ほんのわずかな違いですが結果は正解でした。

一番町商店街からケヤキ並木に入った付近

信号からケヤキ並木に入った付近

一番町商店街から定禅寺通りまで来てから信号を渡り切らずにケヤキ並木の中に入ったところです。上の写真は地下鉄の勾当台公園駅とは反対側を向いています。

ここを直進するのが分かりやすい「SENDAI光のページェント」の楽しみ方でしょう。

勾当台公園駅方面の様子

振り返って駅方向を向いたところです。左の青白い大きなイルミネーションが駅の目印になりますね。

少し進んだところ

両側ケヤキ一本分を進んだところです。

イルミネーション募金箱

ところどころに、このイルミネーションイベントの募金箱があります。

募金にご協力お願いします

募金にご協力をと書かれていましたので私も少しばかり協力してきました。

ケヤキ並木の中央付近

樹の幹を中心に撮る

樹の幹を主体に撮りたい場合はこんな感じの構図でしょうか。

途中の赤信号

途中の信号は赤でも渡って良さそうな雰囲気ですが何も案内してもらえませんでした。こうして機能させておくのですから渡れないという解釈が正しいかと‥。

途中で気になったもの

通常の街路灯

イベントがない時でも点いている街路灯に焦点をあててイルミネーションをボカシてみました。

配線用のボックス

電飾に使われるLEDは一般に電圧の低い直流でしょうから、このボックスの中にインバータが入っているのでしょう。随分小さなもので済んでいます。それと目に見える場所なので下の配線はキレイにまとめられてますね。

使われているのは未来工業のウォルボックスあたりでしょう。

通りの車も電飾

こんな仕掛けの車で見に来られている方が何人かいらっしゃいます。

わりと金太郎飴的なイルミネーションが続く

晩翠通りから先の光のページェント

途中で晩翠通りの大きな交差点にかかりますが、その先も同じような感じの光景ですので信号を渡るかどうか迷います。

人並みはいったんここで途切れて少なくなりそうですので、そちらを期待される場合は進んでも良いでしょう。大規模なだけに見る人によっては金太郎飴的な印象も受けそうです。

最適ポイントは何処か

戻りながら写真に最適なポイントを探しますが、寒いのと人が多いので落ち着きません。
それと、このオレンジの上手な出し方がいまいちわかりません。次の機会は調べてこなくてはなりませんね。

仙台市の夜も当たり前に東北の寒さを感じます。バッテリー切れまで粘ると風邪ひきそうですし、この辺で「引き際」という言葉が頭に浮かび始めたところ。

ちなみに、一眼レフを持って撮影している方は広角レンズを使っていると思われます(あまりジロジロ見れません)。

巨大電飾は構図が定まらない

先ほどの地下鉄の駅出入口に見えた青白い大きなイルミネーションは全体が収まりきらないので目で見て実際に楽しむもののようです。魚眼レンズだったら面白く撮れそうではありました。

外側からページェントを撮る

こうして光のページェントを少し離れた外側から撮るときに良い引き立て役(右側)にはなります。

道路沿いにある地図

信号付近にあった通常の道案内に使われる地図です。

定禅寺通りの地図

今回歩いてきたのは赤の現在地付近から中央より左の晩翠通まです。そこまで歩けばお腹一杯な気分になれます。

勾当台公園のイルミネーションも撮る

スターライトリンク

SendaiWinterParkスターライトリンクと書かれています。

定禅寺通りのほか近くの勾当台公園では飲食店(ホットビールなんてのも見かけました)の出店や音楽演奏、仮設のスケートリンクなどもあり退屈しそうにありません。

天使のイルミネーション

写真は花壇の中に飾られた天使のイルミネーション。

花壇の全景

近くで見るとクオリティーの高い仕上がりに見えます。

かほピョンファンタジーパーク

公園の道路東側へは「かほピョンファンタジーパーク」と案内板が立てられた光のトンネルなどがありました。

勾当台公園東側のイルミネーション

ここからだと大きな青白いイルミネーションがちょうど良く写ります。

メジャーなイルミネーションとカメラの趣味

SENDAI光のページェントの一粒

帰りがけに、この盛大なSENDAI光のページェントの一粒にレンズを向けてみました。LEDの手前にある抵抗もチラリと見えます。

こうして、街のイルミネーションを写真に撮りネットにアップすることは一種の自己表現でありますが、数多いカメラブログの中から当サイトへたどり着いてもらえるかは先にも書いた通り期待できそうにないものです。

横断歩道の花壇から見た光のページェント

そして人気ネタは、旬の時期に写真を撮ってすぐにアップロードしないことには話になりません。

それでも、題材とした元の風景がより素敵なものであれば自分のコンテンツの花にはなるのではないかと考えています。

そして、写真の出来映えより機械としてのカメラを扱うことに喜びを覚える私としては、美しいものへレンズを向けシャッターを押す行為そのものが喜びであるのも確かであって、その結果としてよい写真が撮れれば楽しさも倍増するものです。

そんなわけで、これから先も一般的に美しいとされるターゲットには触手が動くことになりそうです。