カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

駅のホームは気分良くシャッターを押しづらい場所【停車中の新幹線を撮る】

新幹線の車両は近くで見ると結構きれいなものです。
特に先頭車両の流線型のデザインなどは旅の中の非日常感を増幅させてくれることでしょう。

駅で停車中の新幹線を撮りづらい訳

新幹線をいざ写真に撮ろうとすると走行中の車両はもちろん停車中でも、なかなか満足にシャッターを押せる場面に出会えないことに気づきます。

先頭車両を大きく写した新幹線

早い話、新幹線のホームはカメラを構えづらい雰囲気と言って良いでしょう。

ほとんどの利用者にとって写真に撮るほどのものでもない

駅のホームに停車している車両などは絶好の被写体でありますが実際に新幹線のホームに立ってみると、周りは新幹線に慣れている人ばかりのようで新幹線にカメラを向けている人などは少数派。

普段から新幹線に乗り慣れている人たちの中に紛れてしまうと、自分だけ珍しがって新幹線の写真を撮る行為になかなか出れない雰囲気なのです。

ホームでの行動パターンを逸脱しにくい

新幹線の写真を撮るために駅の入場券を握りしめての本格的な撮影だったとすれば、カメラを持ちシャッターを押すことのみに集中できますが、そこまで本気でない場合は列車に乗り遅れないように注意を払う必要があって、やや集中力が削がれます。

ならば、目的の駅に到着後に降車してから撮れば良いのですが、皆が改札に向かう中で一人だけ降りた車両の脇に留まり新幹線の写真を撮りまくるというのが結構孤独感を感じます。

それに終着駅でない途中の停車駅では、窓際の人が写ってしまうので撮れません。

鉄道系の趣味の人と勘違いされる

鉄道車両を写真に写すことは、外形的には「撮り鉄」と言われる人達と同様なわけですが、常に目的が鉄道に固執しているほどでもないので、周りの方に「あぁ〜鉄ちゃんね‥」と受け取られてしまうのは少し抵抗があります。

カメラを趣味としている者の行動の範囲の中で新幹線という被写体が目にとまったというところなわけですが、いちいち強調すべき部分でもないですし「新幹線を撮るためのさり気なさ」を演出していたら本末転倒になってしまいます。
別に鉄ちゃんが悪いものでもないので、この辺は割り切りが必要のようです。

駅のホームに入ってくる車両

そんなことで、アレコレ気にしながら愛機を手に撮影した写真です。
まずは乗車前にホームに入ってくる新幹線。

遠くに見え始めた新幹線

駅に近づいてくる新幹線

駅の少し手前

まだ小さく写る車両

形が分かる距離に近づいた新幹線

先頭車両の形が分かる距離

この後にもう一度シャッターを押したいところでしたが間に合いませんでした。
連写モードってのがあるんでしょうけど、普段使わない設定なので思いつきもしません。

この日は、後方の車両で乗車待ちをしたいたためスピードがまだあるうちに先頭車両が過ぎてしまっています。

先頭車両側に立ち撮影したのが別な日に撮った下の写真です。

まだホームの奥の方

ホームの奥に小さく見える新幹線

ホーム内でゆっくり走行する新幹線

この辺で充分に速度が落ちている

ホームに停車する直前の新幹線

停車する直前の車両

撮影をした両日とも写真を撮り終えた後は車両に乗りましたが、平日で周りは仕事での移動とみられる方が多く皆さん新幹線に非日常性は感じてなさそうでした。

停車中の新幹線

先にも書いたとおり目的地に着き新幹線から降りた後、改札へ向かう流れに逆らい一人ホームへ残って写真を撮るのは珍しい人の部類に入りそうです。
ただし、こうでもしないと撮れないのがホームに停車している新幹線。

ホームで撮ったE5系新幹線の先頭

E5系新幹線先頭の細長い部分

先端の部分を近距離で撮影したい場合はやはり駅の中でしか撮れそうにありません。

ホームで撮影した停車中の新幹線

両側に停車するE5新幹線

E5とE2が停車中に並んだところ

ホームに先頭部分が並ぶE5系とE2系新幹線

ひと通り満足できるまで撮り続けている間、取り残された孤独感のようなものを感じましたが目的は達成できました。

新幹線の車両を撮ってみた感想

私が住んでいる地域では新幹線が停車するJRの駅まで車で20分ほどで、一般的に考えれば珍しい乗り物でもないことでしょう。
しかし、50キロほど離れた沿岸部に行けば見慣れた乗り物ではなくなります。

新幹線というのは人によって価値観が異なる存在のようです。

写真そのものを職業としていたり写真が趣味だという場合は、カメラを構える際に人の目など気にならないことでしょう。
撮る場面も駅の中ではなくもっと良い撮影スポットを好みそうです。

カメラという機械が好きでたまたま見かけた風景やモノを自分のカメラで写してみたいといった場合、日常の行動の中で自分の価値観のみに基づいてそれほど高価でもないお気に入りのカメラを人前で構えることになります。
結果を求めるために自分の趣向や美的感覚を公然とさらけ出すことを要求されるのが少なくありません。

カメラを趣味としていくには、こうした場面をスマートにこなしていくことが必要であるようです。

真冬の夜に駅前で降り始めた雪を写す

駅前と言えば何処でも他の場所に比べ人通りが多く、照明が豊富で明るく照されています。

そんな駅前の夜景が好きで写真に撮ってみることにしました。

夜の駅前広場付近にレンズを向ける

人が行き来する通路は勿論、整備されたロータリー式の駐車場などに程よい間隔で配置される街灯の灯り、駅の建物から漏れる明かりが交通の玄関口らしさを自然に演出します。

夜の福島駅西口

特に街灯の白っぽい灯りが駅の外壁や隣接するホテルを照らしていて、このエリアを引き立たせています。

使用したレンズはいつもの20mmF1.7です。

Uターンで混む駅前

撮影をしたこの日は正月の2日で、家族や親戚を駅に送り届ける車が多く見受けられます。

降り始める雪とともに変わる駅の風景

雪が降り始めた駅前

夜通し明かりが灯っている駅前では、訪れる人の数の他に時間で景色が変化する要素はあまりないと考えますが様子を見にカーテンを開けてみると雪が降りだしてきたようです。

ズームレンズで写す降り注ぐ雪

ズームレンズで写した降る雪

マイクロフォーサーズの20mm単焦点では降る雪の様子そのものが写らないので、レンズをH-PS45175に交換してみました。

駅の入口に降ってくる雪

望遠ズームレンズを使ってみると降り注ぐ雪の様子が分かりやすくなります。

深夜になり雪が降り止んだ駅のロータリー

深夜に降り積もった雪

深夜になり訪れる人や車がなくなった駅前は、降り積もった雪につけられたタイヤの跡が目立ちます。最終の新幹線が発着後には往来する人が一段と少なくなります。
長時間駐車された車にも雪が積もっていました。

翌朝窓の外に見えたのは銀世界

銀世界と化した朝の駅前

翌朝目を覚ましたあと外に見えたのは真っ白に染まった駅前の景色です。
こうしてみると雪は普段目立たない雑多なモノの殆んどを白く塗りつぶしてしまい。それが時には寂しい光景に見えたり、または一時何かを打ち消してくれているように見えたりと、いつもなら気にならないようなチョッとした効果をもたらします。

雪が降るバス乗り場

一時降り方が強まったところを再度ズームレンズを使い写してみたところです。
こうなると外へは出たくなくなりますね。休みの日でよかったです。

夜に駅前の風景を眺めながらシャッターを押すこと

早朝の福島駅西口

駅前の様子を写真に撮るため地元のホテルから撮影を行いましたが予想外の降雪が景色に変化をもたらしてくれていました。

今回撮影した場所はJR福島駅の西口です。
 見慣れているはずの地元の駅ですが、こうして写真を撮るためにわざわざ暖かい空間を用意し気が向いた時間に窓外の眺めを見ながらシャッターを押すことはカメラを趣味にするものにとっては、とても贅沢な時間と言えることでしょう。

LUMIXの望遠電動ズームレンズH-PS45175がメカニカルでカッコイイ【マイクロフォーサーズ45-175mm】

趣味用カメラLUMIX DMC-GM1SKのキットレンズとして手に入れたH-PS45175-Sですが、この製品はカメラに機械としての魅力を感じる者にとって正にうってつけの望遠ズームレンズです。

DMC-GM1SKとH-PS45175-Sの組合せ

コンパクトさと斬新なデザインを併せ持った筐体とその機能性は、マイクロフォーサーズという小さな規格ながらもカメラを所有する喜びを充分に満たしてくれます。

H-PS45175-Sのデザイン

単体で見たLUMIX_H-PS45175レンズ

LUMIX_H-PS45175は一見するとレンズらしさより、それ自体が単体で使える機材かのような存在感があります。

カラーはブラックとシルバーの2種類

レンズ正面い書かれたH-PS45175の名称

H-PS45175には末尾にKと記載されたブラックと、今回紹介するSと書かれたシルバーがあります。

ちなみにカタログによればH-PS45175-Sとは品番(型番)で、名称は「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」と長いです。

カメラよりレンズが大きくなる組合せ

レンズが大きく見えるGM1

個人的な趣向の問題かもしれませんが、レンズが大きいことは頼もしいことでもあります。

フルサイズ一眼レフでさえレンズ性能にこだわれば、カメラより大きなレンズを装着することになり、その特異な組み合わせはカメラ好きにとってある種の優越感をもたらすことでしょう。
GM1にH-PS45175の組み合わせもこれと同じく、遠くを撮影するという目的に特化させた自分のカメラに普段とは違った愛着を感じられることになります。

レンズの正面に記載されたXの文字

カメラと組合せて見たH-PS45175-Sの正面

H-PS45175-Sの正面に記載されたXの文字は、Panasonicの光学技術を終結したLUMIX最高峰のレンズであるXレンズに付されものです。

ナノサーフェスコーティングの文字

レンズの仕様を確認すると、名称にVARIOとPOWER O.I.S.の二つの記載があるものがXシリーズとされています。但し、高倍率ズームレンズだけは普通のGレンズになっていて、実際には採用しているコーティング技術や描写性能による評価で決定されるようです。

なお、手ぶれ補正(POWER O.I.S.)があっても単焦点レンズには今のところXが付されていません。

クローズアップレンズで撮ったH-H020A

H-PS45175に合うレンズフィルターのサイズはH-H020Aと同じ46mmなので手持ちのクローズアップレンズをつけて試し撮りしてみました。
写真はH-H020Aのレンズですが、ご覧の通り埃が目立ち過ぎるまでにしっかり撮れてます。

メカニカルなズームレンズ

ズームスイッチとズームリング

このレンズは電動ズームレンズの特徴としてズームリングとスライド式のズームスイッチが両方ついています。

撮影のシーンによって、電動でズームするか手動で調整するかを選べるわけですが、どちらが自分にあっているか判別がしにくい初心者にとってはありがたい装備であります。もちろんフォーカスリングも付いているので、レンズだけで操作機構が3つも付いていて、メカニカルな印象を受けます。

また、H-PS45175の特徴としてズーム時にレンズの筺体を伸縮させることがなくズーム機能を使っても全長が変化しません。レンズ交換式のカメラを手にしたばかりの初心者である私としても、このことには多少意味があります。

沈胴式のレンズでズーム時に鏡筒を繰り出した格好はコンデジのそれを連想することになり、初心者なりに格好悪いのです。
レンズに対する趣向が変われば意味のないこだわりですが、今この瞬間に自分のセンスを満たすものが手の内にあるということは、それだけで優越感に浸ることが出来るものでしょう。

そして、これらの機能が詰まったレンズのコンパクトさとはあいまった重量感もユーザーを満足させるものがあります。

片手にしっかり収まる望遠ズーム機能

アナログ感を意識しない斬新なデザインは、そのサイズからも余計なものを切り捨てた潔さとメカニカルな雰囲気が漂います。

液晶側から見たH-PS45175を装着済みのカメラ

H-PS45175は、ものがズームレンズだけに街撮りなどの普段使いでは出番が少ないですが、たまに持ち出した時には完成されたデザインと機能性に関心します。

並の一眼レフなら持ち運びに躊躇してしまうほどの望遠性能が、マイクロフォーサーズならしっかり片手の中に収まってしまう程で、機動性を考えた場合にも有利なレンズです。

単焦点レンズと並べたズームレンズ

光学性能云々の話になれば大きなレンズには劣るのでしょうが、趣味の域で楽しむことと持つ喜びや性能と機動性のバランスを求めるならば、それらの目的を充分に満たしてくれるレンズがH-PS45175と言えるでしょう。

【レンズ関連】