カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

風に揺れる七夕飾り【台風が近づく仙台にて】

台風が近づいていた日の事でしたが、たしか仙台七夕まつりが最終日だったと思い出し仙台の街中をのぞいてみることにしました。

休みの日に台風の中を外出する

普段なら仙台市の七夕まつりは8月の猛暑真っただ中に開催され、仙台市も街の中は熱気がこもり暑さが応えるイメージです。
そんな中、商店街にだらーりとぶら下がる七夕飾りを眺め歩くのが七夕まつりのイメージでした。正直真夏の暑い日にアレは見に行かなくても良いかなと思っていました。

ところが先日、東北にも台風が近づいた日に、どうせ台風が接近すれば家にいても大雨に不安になるのは同じ事、いっそのこと不安な気持ちには出先で応じてみてはと休日を有意義に過ごしてみることにしました。

風になびく七夕飾り

風にそよぐ七夕飾り

目的は七夕まつりではありませんでしたが、この日はたしか祭りの最終日だったと思い出し商店街をのぞいてみることにしました。

すると、このとおり普段なら暑さの中をダラーンとしている七夕かざりが風にそよいでいます。主催者としては風が強くなるのは不安だと思いますが、見る側にとっては、このように少し風がある日も涼しげなイメージがしてよいかも知れませんね。

台風が近づいた日の仙台七夕まつり

ちなみに、この日はミラーレスカメラを持って出かけたつもりが家に置いたままでした。なのでスマートフォン【zenfone3】のカメラで撮っています。

風が止むと普通にぶら下がっているだけ

f:id:danmanjp:20170820153843j:plain

この日もたまに風が止むと、七夕飾りはこのように普段通りただ高いところからぶら下がっているだけです。
このほうが安心ですけどね。

ちなみに、アーケード街以外の雨の当たる場所では七夕飾りはビニール袋に収められたまま、ぶら下げられていました。

当然、風などない方が良い祭りとは思いますが、たまたま弱い風に吹かれている七夕飾りを見るのは、なかなか風情のあるものでした。

初心者がボケ味という言葉に受ける印象

趣味としてカメラを始めた初心者が、カメラのレビューを見たり扱い方やなどを調べていくうちに様々な専門用語に出くわすことになります。

そんななかで、馴染みやすい言葉のわりに理解に苦しむのが「ボケ味」という表現です。

ちなみに、「ボケ味」と書いて【ぼけあじ】と読むそうで【ぼけみ】ではないとのことです。

撮影するものがくっきりとシャープ写れば良いわけでは

上級者が写真の写り具合について話すとき、このレンズは背景ボケが良いとか、キレイなボケ味だとかいろいろ言われるようですが、初心者にとっては何を評価しているのか今一つピンときません。

写真を撮るのですから画像全体が切れ味良くシャープに写れば問題ないような気がしますが、そこは少し違うようなのです。

ベテランなのに余計な背景をボカしごまかしてしまうのか

ネットなどで、カメラに関する情報を探っていると上級者はこの「ボケ味」というのにこだわりがあって、撮影の場でレンズを選ぶときにもボケ具合にこだわってレンズを選定するようです。

このことについて、初心者がカメラ知識のもっとも薄い段階で受ける印象は「ベテランのくせに背景をごまかすの?」ということです。

被写体を写す前にカメラアングルとか考えないのか。風景以外の移動できる被写体だったら場所を工夫すれば良いのでは?
などと考えてしまうわけです。

撮影の段取りにもとことんこだわるのがカメラ上級者だと思っていたのに、背景ボカシてごまかそうとか虫が良すぎじゃね?って話なのです。

使う言葉を間違えている?

そんなわけで、少しオーバーに表現すれば初心者のボケに対する印象は上記の通りです。

しかし、ボケそのものよりも被写体を際立たせたいのが、カメラを楽しむにあたっての本来の狙いであることは容易に想像がつきますし間違いではないことでしょう。

例えば花を撮りたいのであれば、被写体である花を色合い良く見えるよう工夫し、花びらなどの輪郭はくっきり写すことが目的であって背景のボケはレンズの効果による副産物に過ぎないと理解すれば初心者でもボケを扱う意味が納得できると思います。

そうであるならば、ボケ味の「ボケ」という言葉を用いていることはビギナーに対しては多少なりとも誤解を与えている気がしてなりませんが、その辺はこれからカメラ知識を増やしていくにあたって何時しか腑に落ちてくるものなのかもしれません。

そんなわけで、湧き出した疑問はこの辺で一時棚上げしておきます

背景ボケの現実

さて、ボケに関して少しは納得したところで、初心者の心得としてスマホカメラと単焦点レンズを使ったミラーレスでの写り具合を比べてみることにします。

iPhone5sカメラで撮影

iPhone5の写り

このように背景までありのままシャープに映してくれます。壁に張ってあるクロスの模様まで見えてますね。

ぼかしたいのは大福(甘い罠)。

ミラーレスカメラの単焦点レンズで撮影

ミラーレスのボケ

明るすぎると思って絞りを調整したら、くっきり写したい手前のコーヒーまで手ぶれで上手く撮れていません。これでも後ろの大福がぼんやりしているのがわかります。

このように、初心者だからこそ背景はこれくらいボケてくれたほうがありがたいように思えます。

場所も明るさも変えて再挑戦

今度はボカすターゲットを窓から見える夜の駅にしてみます。
シチュエーションに金かかってます!

水を汲んだグラスを窓辺に置く

zenfone3でグラスn

zenfone3で撮影しています。ピントがグラスに合っているのは理解してもらえるかと思います。

LUMIXGM1Sでグラス

LUMIX GM1Sを使うとこんな感じにボケました。

次に冷えた飲み物のビンを写す

スマホカメラで冷えたビン

スマホカメラだとビンも駅もわかりやすく写っています。
もうどちらにピントを合わせたのか分からないくらいですね、ちゃんとビンのところをタップしたつもりなんですが自分が一番ボケてるかもしれません。

初心者がミラーレスカメラでボケ

ミラーレスのGM1Sだと、狙い通りビンだけくっきり写せました。

冷蔵庫から出したあとの温度差で表面に水滴がついているのが上手く演出になりました。ビギナーなりに自画自賛したいところです。

最後に背景だけを写してみる

背景だった駅をミラーレスカメラで撮るとこんな感じで明るく撮れました。

趣味としてのカメラはボケてもイイよ

今回の記事は、ボケについて思ったことをとやかく書いてみましたが、この先カメラに夢中になりすぎてフルサイズ一眼の道へ進むことはないと思われるので、ボケがごまかしであろうがなかろうが否定する必要はないものとも言えます。

よくよく考えれば、いつまでも初心者気分で自由な写真の撮り方を望むならば、むしろ背景は言葉通りにボケてもらえたほうがありがたくもあります。

こだわり過ぎないスタイルでカメラを楽しみ、まわりの余計なものを簡単にボカシてしまう使い方ならミラーレスカメラはそれに相応しい存在であり、気軽なボケ味の運用にはもってこいのカメラなのかもしれませんね

夏の写真を撮りました【ラムネわらび餅】

暑い日が続くと、休日でもカメラを持って外へ出る気持ちになれないことが多いです。
しかし、カメラを趣味にすると決めたからには夏には夏の写真というものを撮りたいものですね。

今回は、冷たい食べ物と夏らしい街の風景を狙ってみました。

冷えたラムネわらび餅

スーパーで見かけた「ラムネわらび餅」です。
目にした途端、きっとキラキラ輝いた写真が撮れるのではと思いましたがどうでしょう。

ラムネわらび餅一枚目

こうしてみると自分的には悪くない写真ですが、いかんせん忙しさのあまり(だらけてただけ)ここのところカメラに触っていなかったので暗く撮れてしまったようです。

艶はよく映ってると思うのですがね。

少し明るめに設定して撮影

f:飲み物とわらび餅

横にアイスコーヒーを置いてみましたが、夏をテーマにするなら麦茶が正解でしたね。
次の機会には気を付けようと思います。

この辺で露出やシャッタースピードなどを気にしてはみますが、なんせ冷たい食べ物なものでせっせと撮ってしまいたいと焦りが出て初心者なりの操作になってしまいました。

しゅわしゅわパウダーをかける

しゅわしゅわパウダー

私なりにまじめに撮影はしていますが、食べることにも真剣ではあります。
水色のわらび餅に振りかけられたのは、商品に付いてきた「しゅわしゅわパウダー」というものです。
左側のパウダーがかかっていない2個なんか、程よいキラキラ具合で良くないですかね?
こんな写真が撮ってみたかったのですよ。

仕上げにもう一度コーヒーと並べてみる

コーヒーと並べて

カメラの液晶で見たときには、良く撮れたかなと思ったのですがピントが奥のしゅわしゅわパウダーに行ってしまいました。

まあ、夏らしさとしては成功でしょう。

夏と言えばヒマワリの花

ヒマワリの花

夏の花と言えばひまわりですね。道端で見つけたものをスマホで撮影しました。

夏祭り用の提灯を見つけた

商店街の提灯

街を歩いていて見かけた提灯です。
これは夏らしいですね。

駅の七夕飾り

仙台駅の七夕飾り

仙台駅にあった七夕飾りです。

笹の葉は造花

笹の葉サラサラの笹も上に付いてますが、天然ものではなく樹脂製の作り物のようです。当たり前ですね本物使ってたら大変です。

改札付近には大物が

大きくて赤い七夕飾り

西口の改札付近には大きなものが飾ってありました。両脇の大人の事情を写したくなかったのでこんな構図になっています。

f:id:danmanjp:20170731190636j:plain

まだ祭りの本番を迎えていなかったのと、人通りが多く平日のため私以外に写真を撮っている人がいなかったのでアーケード街での撮影は遠慮してきました。

機会があれば堂々と写真に撮ってみたいですね。

ちなみに、提灯はスマホカメラで七夕飾りはコンデジを使っています。

言い訳になりますが、一応カメラですし夏はどうしても軽装備で出かけたいですよね。