カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

クローズアップレンズで近接撮影【20mm / F1.7 II ASPH.にMARUMI_MC+3】

屋内で食べ物などを撮っていると、もっと近づいて撮影できるレンズが欲しいと思うときがあって、これは達人たちの間では「もっと寄れるレンズが欲しい」という言葉で表現されているようです。

そんなとき、手元にあるレンズで気軽に近接撮影を実現できるのがクローズアップレンズ。
そんな便利なクローズアップレンズは値段も安価というので早速使ってみることにしました。

MARUMIのMC_CLOSE-UP+3

今回は時間があったのでリアル店舗で購入してみることにしましたが、見たところ46mmサイズのクローズアップレンズの在庫は少なく倍率の低いものばかり、MARUMIの「+3」というものが一つだけあったのでこちらを購入です。値段は税込みで千円ちょっとでした。

MC_クローズアップレンズ+3

見た目もケースもレンズフィルターそのものですが、表面(内側かな)がやや球面になっている様子です。

クローズアップ装着前

クローズアップレンズ装着前

クローズアップ装着後

クローズアップレンズ装着後

クローズアップレンズの装着で出っ張る

レンズフィルターの上に被せているのでこれだけ出っ張ります。レンズはH-H020A(LIMIX20mmf1.7)を使用。

クローズアップレンズで撮影してみる

なんだか、自分は甘いものを撮ることが多いです。ちなみに良い年の男なのに完全な甘党で今回はブルーベリータルト。

単焦点レンズだけの場合

レンズのみで撮影

まずは単焦点レンズ【20mmf1.7】のみ(レンズフィルターは装着)で撮ってみました。中央付近にピントが合うようにしてめいっぱい寄ってこの距離です。

MC_CLOSE-UP+3を装着

クローズアップ装着1枚目

なるほど寄れてます。近くで表面がツヤツヤしている様子が写せています。

クローズアップ装着2枚目

ちょっと上から近づいてみます。

クローズアップ装着3枚目

横から撮ってみたところですが、どの辺をクッキリ写してどの辺をボカすのかってところなのでしょうか。そんなことが気になりだしたころにマクロレンズが欲しくなるんですかね?いまいち分かりません。

スマホで撮った場合(参考:ZenFone3)

ZenFone3で2枚目

スマホZenFone3で撮影

ZenFone3で1枚目

スマホで寄ってみる

参考までにスマホカメラ(ZenFone3)でも撮影してみました。このZenFone3のカメラは明るさも調整できて結構キレイに撮れると思います。単焦点モードなんてのもあるのですが一度試しに何枚か撮ったものの、こんなものかとその後は使っていません。そのまま撮れば後のカメラもこのような写り具合ですね。

以上の3パターンを比較し、単純に一番寄れて一番背景ボケがあるのがクローズアップレンズです。私の場合、ボケ具合の云々が気になる域の入れ込み具合には達していないので、しばらくはこのクロースアップレンズで楽しめそうです。

近接撮影でシャッターが押せない距離【GM1の場合】

緑のAFエリア枠

GM1では被写体が近すぎてシャッターが押せないときAFエリア枠がこのように赤になっています。ろくに説明書も読んでないのでしばらく気づきませんでした。

緑のAFエリア枠

このようにAFエリアの枠が緑になっている距離であればシャッターを押すことができます。

クローズアップレンズで46mm(小さいサイズ)の在庫がない訳

買う前に気が付けばよかったのですが、どうやらクローズアップレンズは径の大きいものを選んで購入し、手持ちのレンズにはステップアップリングで合わせて使用するという使い方があるようです。

そうすれば大きいサイズ一枚で、様々なレンズ、様々なシーンで対応が可能ということのようです。まさに大は小を兼ねるというヤツですね。
私の場合しばらくはGM1で20mmf1.7のレンズをメインに使いたいので46mmのサイズで充分ですし今後も上手く活用できそうです。

クローズアップレンズで楽しむ趣味カメラ

雨で屋外での撮影が難しいときや外でも花の写真を撮りたいときなどは、近づいて表面の質感や表情を撮影できるレンズが欲しいものですがマクロレンズはとても高価です。
そんなときクローズアップレンズはとても便利ですが、マクロレンズとの値段の差から想像するにマクロレンズとクローズアップレンズでは写り具合に、素人目で見ても明らかな差がありそうな予感がします。

ただし、クローズアップレンズの良い点は価格だけではなく普段使いのレンズにそのまま装着できることです。
これはビギナーにはありがたいことで屋外で花を撮りたいときなどレンズごと交換の手間が省け、持ち運ぶレンズを少なくできるというメリットがあります。

そんなわけで、今回手に入れたクローズアップレンズは私にとってカメラの趣味で楽しむ範囲を広げてくれそうです。

アイスクリームを撮るなら表面のザラザラがフォーカスポイント

今回はアイスクリームの写真を撮ることに挑戦してみました。

冷蔵庫から出してササっと撮れば良いだろうと思ってましたが、時間勝負というか割と難易度が高いようです。
ちなみにターゲットとしたのは、某ちょっといいアイスクリームです。

あのザラザラ感を写せば間違いない

商品のパッケージや広告などで見かける綺麗にとれたアイスクリームの写真は、表面のザラザラした部分を写しているところがポイントと言えます。
初心者ですが確信できますね、あれがないとアイスクリームらしくなく無機質なものに見えてしまうようです(アレもしかしたら本物じゃないかも)。

アイスクリームを準備する

普通のカップアイスを器にわけてみましたが、こういうのは業務用の2リットル以上で販売している物を、アイストングを使って奥から手前に削り取るとるようにすると丸い表面にさざ波状の模様ができるんですが、個人の家にそんなのはありませんし勿論コツをつかむまで上手くはいかないでしょう。

ザラザラを意識して撮る

f:id:danmanjp:20170910141327j:plain

中央の左部分が良い感じにザラザラ

普通のスプーンを使って盛ってみましたが素人ですからこんなものですね。

特に技術などないので、標的である表面のザラザラを液晶モニターでタップしフォーカスポイントを設定してからピントが合ったのを確認しシャッターを押します。

器に付いたアイスが見事に溶けてますね。

例のボケとやらを演出

f:id:danmanjp:20170910141321j:plain

背景ボケの演出

ここで「適度なボケを」とか言っていたらアイスクリームが溶けちゃうので、カメラをあちこちいじらないで、さっさと撮ります。少し暗かったですねJPEG撮りでしたので今回はこのままですね。

別な味のものを試す

前回はバナナショコラータ、こちらはストロベリーカスタードタルトです。どちらも期間限定の商品。

f:id:danmanjp:20170910141312j:plain

別なアイスで撮ってみます

こちらは飲み物のグラスですが、毎回同じものでは演出が足りないので試してみました。

表面はくっきりとして、他はボケてていい感じじゃないですか(それだけかよ)。

アイス撮るなら冬か【温度管理の自由度】

この写真を撮ったのは8月でしたが、モノが気温の高い場所では溶けてしまうので夏の食べ物でも写真を撮るなら冬の寒い時期が適正でしょうね。取り終わってから食べる気にはなりませんけど。

撮る場所の室温を低めにして、盛り付ける容器も露つきしない程度に冷えてた方が良さそうです。

それと、こういうものを撮るときは三脚にカメラを予めセットしておいて、被写体を持ち込むのは全ての準備が整ってからですよね。

撮る時間と食べる時間は分けた方が良い

アイスクリームの写真を本気で撮ろうとすると緊張します。なんせ早くしないと溶けてしまうものだから、写真を撮り終わった頃には早く食べなければという意識ばかりで味わっている暇などありません。

そして、フォーカスポイントとした表面のザラザラが溶け出すほど時間が経過すれば、アイスクリームらしい食感も損なわれることでしょう。

食べ物ですから、無駄にするのは極めて勿体ないのですが、アイスクリームにいたっては「食うなら撮るな、撮るなら食うな!」が当てはまるようです。次の撮影の際にはアイス大好き人間を隣において、時間的な限界を厳しく監視してもらう必要があるでしょう。

きっと美味しいうちに食べれます。

シルバー調のボディに黒レンズは似合う?

ミラーレスデジタルカメラは各メーカーから様々なカラーのもの出ています。
カメラ本体の色が黒以外のものも珍しくなく、こんな場合はレンズを選ぶ際にはキットレンズと同色の物を選ぶのが無難ですが、上級レンズでは設定されているカラーがほとんど黒なので選べないことが多いです。

はたしてオシャレなボディーカラーのカメラにブラックのレンズを付けた場合の見た目はどうなのでしょう。

ブラウンのカメラボディーに黒レンズ

シルバーを主体にしたカメラボディにブラックのレンズを装着した場合どんな印象なのか検証してみることにしました。
使用したカメラはPanasonicのLUMIX DMC-GM1SK(ブラウン)、装着したレンズは同じくPanasonicの20mmf1.7のブラックです。

正面からチェック

左からが好みの角度

いきなり正面からだと芸がない気がしたのでお好みの角度から見てみます。
なかなかイケメンなレンズだと思います。

真正面だとほぼレンズ

f:真正面から見た黒レンズ

フルサイズの一眼でも大きなレンズにフードをつければこんな感じじゃないでしょうか。
まったく嫌いではありません、むしろ本体とレンズの大きさは好みの比率です。

右側から写す【カメラの左右に疑問?】

右側から写したシルバー調ボディ

ここで一つビギナーなりの疑問が浮かびますがカメラ本体の右左の定義というか呼び方ですが、カメラを持つ側から見て右側が右で、被写体からの見たいわゆる「向かって右」は左側で良いことでしょう。

まさかこの辺はカメラを持つ側が主体のはずです。
と思っていたら、とある有名サイトではレンズへ向かって右側を右と呼んでいました。まあいいでしょう、ここではシャッターを押す人を主体に考え、カメラを構えた状態でカメラに向かって右をカメラ本体の右側とします。

左側から見た感じ

左側から見たブラウンのカメラ

一番最初の写真より上から撮っていてシルバーの部分が目立ちますが、違和感は感じません。ただし、こういうのは個人の主観によるものですので馴染めない方もおられることでしょう。

真上からの印象も大事

色の組み合わせを真上から

あまり気にならなそうなアングルですが、カメラを首から下げたときに多く目にする角度です。慣れればなんてことありませんね、レンズは性能が良いほどブラックカラーなのですから「慣れも大事」です。

ついでに下からも撮りました

下からはシルバー部分が見えない

下からだとボディのシルバー部分が見えないので一番まともに見える角度です。でもバッテリー交換でもない限りはこの角度から眺める機会は少ないですし見せる部分でもなさそうです。

キットレンズと同じシルバーでは

f:id:danmanjp:20170901193912j:plain

こちらは検証するまでもなくピッタリです。もともとH-H020A【20mmf1.7】のカラーが少し黒っぽく見えるシルバーなので相性が良いのかもしれません。とくにフォーカスリングの部分は特別な仕上げなのか色が濃く見えます。

黒でも拘らなければ気にならない

どんなカメラでも別途交換レンズを用意するとなると色がブラックになることは妥協しなければならないことでもあります。もともとGM1自体がデザイン性に優れているカメラなのでほとんどの黒レンズで違和感なく使えることでしょう。

そして、このブラウンという色はGM1のカラーの中でもレンズの選択という意味では万能に対応できる色合いではないでしょうか。GM1はもう現行機種ではなくなってしまいましたが現行の上位機種などの最終モデルはブラウンで攻めてくると私は予想しています。