カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

お洒落な社外品のカメラストラップは大人の男を想定していない

カメラを趣味にしようと決めてから愛用のミラーレスカメラにはずっとネックストラップを付けて持ち歩ています。そして、カメラを首から下げて街を歩くスタイルは少し勇気がいるものだとつくづく感じてしまうものです。

カメラを首から下げて歩く勇気

社外品の黒ストラップ

行きかう人々が生活圏としていて、ことさら珍しいと思ってはいない街並みをわざわざ写真に撮りたい人は外国人観光客くらいなものでしょう。しかも、この格好はカメラ女子なら違和感がなくても大人の男だと何が目的なのか疑念を抱かれかねないというのが正直なところでしょう。

ネックストラップを多用する一番の理由は落下防止です。あとはこれぞと思った被写体を見つけたらすぐ手に持てるということですかね。

ならば、もう少し見た目だけでも何とかならないのかと思ってしまいます。

別売りのネックストラップはカメラ女子向け?

サードパーティーという言い方が合っているかですが、いわゆる社外品のネックストラップはオシャレなデザインのものが沢山出回っています。

ところが、この洒落た柄の多くがカメラ女子をターゲットにデザインされたであろう物で、どうにも大人の男には似合わない品ばかりなのです。

中には本革調のデザインなんてのもあるのですが、「なんちゃって」なくせに表が茶色で裏がベージュとか要らん仕様だったりします。落ち着いた色のものが欲しい人に対して布製のストラップでもこれをやられては興冷めしてしまいますね。

シックな色のカメラストラップを下げているつもりが、気づかず裏返った部分が肌色なわけですから男のファッションに合うはずがないのです。

これはメーカー側も気を使って欲しい部分です。

男はどうしてニコンだのキヤノンを欲しがるのか

カメラのネックストラップに男向けのデザインが少ない理由はある程度推測できます。一眼レフに純正で付いてくるCanonとかNikonという文字がデカデカと入ったストラップを好んで使うからでしょうね。

CanonもNikonもカメラ専門のメーカーで家電メーカーが横から割り込んだ立ち位置とはちと違う言わば老舗メーカーなので、そのロゴを強調したストラップを使うのがある種のステイタスになるのでしょう。

私としては、どこぞのチームに所属したがる小者のようで恥かしいし長い物に巻かれてしまった感があるあの太いストラップはまだ使わなくていいかなと考えてます。

無地の長めのものを付けてみる

私の使っているLUMIX GM1には純正で細くて、標準よりわずかに短い?と感じるストラップが付いてます。ミラーレスですから、この辺ははなから大人の男を意識してないのは私がこの小さいカメラの製造者に対して唯一気に入らなく苦情を申し上げたい部分です。
「大は小を兼ねるという言葉を知りませんか?(ストラップだけはそうして欲しかった)」

SOLID25

そんなわけで、私がミラーレス用に購入したのは無難な黒の純正よりは少し長いストラップです。HAKUBAから出ているネックストラップになります。

全長が1400mmと書いてありますが、先の取り付け部の折り返しをすべて伸ばしての長さかと思います。太い帯の部分は700mm、先ヒモ幅は8mm(これがちょうどよい)です。

短いLUMIX純正

長さを比較してみると、こように折り返した余長の部分が申し訳程度に長いです。

ハクバのものに変えたところ

交換後に再度比べてみると、このとおりLUMIXの純正品は短いですね。まさに「帯に短し襷(たすき)に長し」とはこのことです。

ハンドストラップを使うことを決意する

さて、長めのストラップでしばらくカメラを持ち歩いてはみましたが、長く太くなったネックストラップにはやや難点がありました。

今回新たに購入したストラップは一眼レフ用にも使えるやや本格仕様です。この幅と長さだとバッグもカメラ用のものが必要なようです。

今までの細めな純正ストラップでも生じていた現象ですが、普段使いのバッグの中に入れているとストラップがほかの小物に巻き付いてカメラを取り出すときに引っかかり写真を撮影するという次のアクションにスマートに移れないのです。

これが気になりだすと次はハンドストラップに移行を考えなければなりませんね。

秋の写真を撮り集めながら考える「この季節を捕らえるテクニック」

いつまでも秋だと思っていたら明日は立冬なのだそうです。どうりで寒いわけですね。

頑張って秋の写真を撮るぞと思ってはいたものの、なかなか思ったようにはいかないのは趣味の話ばかりではないようです。

そんななかでも、暇を見つけてお気に入りのカメラで撮り集めた写真を載せてみます。

秋の写真は何を撮れば絵になるのか

秋を表現できるものとして様々な選択肢がありますが、紅葉などの風景写真やコスモスの花などが代表的なところでしょうか。

街角で見つけた木漏れ日

私の理想では、空気の乾いた秋晴れの日に街角を散歩中ふと見かけた街路樹からの木漏れ日なんてのは絵になると思っています。緑よりやや茶色が多くなり始めた木の葉の間から注ぎ込む秋の日差しなんてのはどうでしょう。

それから、秋と言えば木の実や果物なども写真のテーマとして楽しめるものの一つです。

こうして上げていくとカメラの趣味に訪れる秋は楽しみでいっぱいですが、全部追いかけて収穫するのは結構大変そうですので、自分なりのポイントを絞りオリジナリティを盛り込んでいければ、趣味としては満足のいく写真ができるのではと考えます。

趣味カメラの収穫

万年初心者ですから収穫というにはお粗末かもしれませんが、採れた写真を並べてみたいと思います。

紅葉の葉を撮る

色づいた文字時の葉

雨上がりのモミジの葉です。このくらいの色合いが綺麗に感じます。

雨に濡れたモミジ

使用しているカメラはいつもと同じLUMIXGM1レンズは20mmf1.7。

まだ葉の青いモミジ

まだ青い部分も残っています。

晴れた日のモミジの枝

晴れた日に別な場所で撮れたモミジ。こんな日ばかりだと気持ちいいんですがね。

コスモスの花

紫色のコスモス

あらためて確認すると撮影時に液晶で確認した時よりキレイに撮れたと感じます。

台風後のコスモス

この日は台風が過ぎ去ったあとで、時期的に花も終わりに近かったのですが悪くありません。

イチョウ並木で立ち止まる

イチョウの葉を接写

クローズアップレンズを使用して撮ったイチョウの葉

まだ緑が多い銀杏並木

まだ緑が多いイチョウ並木です。

もちろん収穫の秋も欲しい

収穫の秋、食欲の秋、これらも満たしておきましょう。

柿の写真

実りの秋を写真で演出するならば、枝に付いた柿が理想でしたが機会がありませんでした。

そして、柿と来たら栗も欲しかったんですが難易度が高かったです。

f:id:danmanjp:20171106233513j:plain

結果、スーパーで買った「マロンロールケーキ」で済ませてしまいました。パッケージに「おめでとう!七五三」と書かれていたのが、別な意味での季節感を感じさせられました。

f:id:danmanjp:20171106233529j:plain

 ここでもクローズアップレンズが活躍しています。この細長いのが栗ですねたぶん。

以上が今年頑張った秋の成果です。何か足りない気もしますが全てを求めていたら冬が来てしまいそう。

そして、やっぱり甘いものが登場してしまうのですね。まあ良いでしょう、食べればなくなりますから。

この先もう秋のテーマに迷わない

こうして一つの秋を撮り過ごしてみると、自分の写真に何が足りなくて、あるいは何処の部分では満足できていたのか、それなりの収穫というのが見えてくると思います。

このブログを書き始めたのは春でした。季節を中心に考えれば、春のテーマは花が中心になると思います。夏は海や湖など水のある風景と他には花火なんかですかね。

そして今回の秋ですが、時間が経てばさらに撮ってみたい秋の風景や一度挑戦したけれども掘り下げてみたい秋のテーマが見えてくるものだと考えています。その時には秋という季節から、もっと具体的なポイントに的を絞って撮りたいものが定まってくることでしょう。

一般的には秋は慌ただしさを感じにくい季節だと思います。カメラ好きの人にとってこの季節は趣味に娯楽にどっぷり浸かれる季節でしょうね。

クローズアップレンズで近接撮影【20mm / F1.7 II ASPH.にMARUMI_MC+3】

屋内で食べ物などを撮っていると、もっと近づいて撮影できるレンズが欲しいと思うときがあって、これは達人たちの間では「もっと寄れるレンズが欲しい」という言葉で表現されているようです。

そんなとき、手元にあるレンズで気軽に近接撮影を実現できるのがクローズアップレンズ。
そんな便利なクローズアップレンズは値段も安価というので早速使ってみることにしました。

MARUMIのMC_CLOSE-UP+3

今回は時間があったのでリアル店舗で購入してみることにしましたが、見たところ46mmサイズのクローズアップレンズの在庫は少なく倍率の低いものばかり、MARUMIの「+3」というものが一つだけあったのでこちらを購入です。値段は税込みで千円ちょっとでした。

MC_クローズアップレンズ+3

見た目もケースもレンズフィルターそのものですが、表面(内側かな)がやや球面になっている様子です。

クローズアップ装着前

クローズアップレンズ装着前

クローズアップ装着後

クローズアップレンズ装着後

クローズアップレンズの装着で出っ張る

レンズフィルターの上に被せているのでこれだけ出っ張ります。レンズはH-H020A(LIMIX20mmf1.7)を使用。

クローズアップレンズで撮影してみる

なんだか、自分は甘いものを撮ることが多いです。ちなみに良い年の男なのに完全な甘党で今回はブルーベリータルト。

単焦点レンズだけの場合

レンズのみで撮影

まずは単焦点レンズ【20mmf1.7】のみ(レンズフィルターは装着)で撮ってみました。中央付近にピントが合うようにしてめいっぱい寄ってこの距離です。

MC_CLOSE-UP+3を装着

クローズアップ装着1枚目

なるほど寄れてます。近くで表面がツヤツヤしている様子が写せています。

クローズアップ装着2枚目

ちょっと上から近づいてみます。

クローズアップ装着3枚目

横から撮ってみたところですが、どの辺をクッキリ写してどの辺をボカすのかってところなのでしょうか。そんなことが気になりだしたころにマクロレンズが欲しくなるんですかね?いまいち分かりません。

スマホで撮った場合(参考:ZenFone3)

ZenFone3で2枚目

スマホZenFone3で撮影

ZenFone3で1枚目

スマホで寄ってみる

参考までにスマホカメラ(ZenFone3)でも撮影してみました。このZenFone3のカメラは明るさも調整できて結構キレイに撮れると思います。単焦点モードなんてのもあるのですが一度試しに何枚か撮ったものの、こんなものかとその後は使っていません。そのまま撮れば後のカメラもこのような写り具合ですね。

以上の3パターンを比較し、単純に一番寄れて一番背景ボケがあるのがクローズアップレンズです。私の場合、ボケ具合の云々が気になる域の入れ込み具合には達していないので、しばらくはこのクロースアップレンズで楽しめそうです。

近接撮影でシャッターが押せない距離【GM1の場合】

緑のAFエリア枠

GM1では被写体が近すぎてシャッターが押せないときAFエリア枠がこのように赤になっています。ろくに説明書も読んでないのでしばらく気づきませんでした。

緑のAFエリア枠

このようにAFエリアの枠が緑になっている距離であればシャッターを押すことができます。

クローズアップレンズで46mm(小さいサイズ)の在庫がない訳

買う前に気が付けばよかったのですが、どうやらクローズアップレンズは径の大きいものを選んで購入し、手持ちのレンズにはステップアップリングで合わせて使用するという使い方があるようです。

そうすれば大きいサイズ一枚で、様々なレンズ、様々なシーンで対応が可能ということのようです。まさに大は小を兼ねるというヤツですね。
私の場合しばらくはGM1で20mmf1.7のレンズをメインに使いたいので46mmのサイズで充分ですし今後も上手く活用できそうです。

クローズアップレンズで楽しむ趣味カメラ

雨で屋外での撮影が難しいときや外でも花の写真を撮りたいときなどは、近づいて表面の質感や表情を撮影できるレンズが欲しいものですがマクロレンズはとても高価です。
そんなときクローズアップレンズはとても便利ですが、マクロレンズとの値段の差から想像するにマクロレンズとクローズアップレンズでは写り具合に、素人目で見ても明らかな差がありそうな予感がします。

ただし、クローズアップレンズの良い点は価格だけではなく普段使いのレンズにそのまま装着できることです。
これはビギナーにはありがたいことで屋外で花を撮りたいときなどレンズごと交換の手間が省け、持ち運ぶレンズを少なくできるというメリットがあります。

そんなわけで、今回手に入れたクローズアップレンズは私にとってカメラの趣味で楽しむ範囲を広げてくれそうです。