カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

夜の長岡市役所を写真に撮ってきた【目を引くデザインの建物:アオーレ長岡】

出張先の長岡市の街なかで、たまたまコンビニを探していて通りかかった建物がとても目を引くデザインでした。

夜の長岡市役所「アオーレ長岡」

一枚だけクロスフィルター効果を使ってみました

素人が見た感じにも有名な建築家のデザインであろうとは直ぐに分かるほどで、夜間の照明がその外観を引き立てています。

気になる建物の正体は長岡市役所

平成30年長岡開府400年

「平成30年長岡開府400年」と書かれています

この気になる美しい建物ですが、周囲の案内プレートなどを見るとどうやら市役所の庁舎らしいです。施設には「アオーレ長岡」という名称が付いていて、建物の中には勉強中の学生がいたり広場を市民が通り過ぎたりと他県から者にはかなり興味を引く存在です。

木の板を張り巡らせた建物

そんな、魅力的な外観を持つ長岡市役所を写真に撮ることにしました。

カメラを持って訪れたい市役所

以前に長岡市へ出かけたときに気になってはいましたが、それから2年ほど経ち建物が市役所だということはすっかり忘れていたのですが、再び新潟県へ出張に出かけることになった先日には「あの建物を写真に撮ってみたい」と愛用のミラーレス一眼カメラを持って出かけることにしました。

エスカレーター付近

日中は仕事なので写真を撮るのは夜になるのですが、目当ての建物は夜しかお目にかかっておらず。むしろ夜の情景が今回のお目当てとも言えます。

夜の長岡市役所を上から下から撮りまくる

大通り側から見た長岡市役所

駅前の大通り側から見た建物

2度目に訪れた長岡市では仕事は予定通りに終えることができ食事を済ませ、ようやくやってきたプライベートな時間に気分が高鳴ります。

施設の広場(通路)から建物を撮る

椅子が並べてある場所

建物奥側から撮ったところ

ガラス張りの掲示板

ガラス張りの掲示板のようなところです。

f:id:danmanjp:20171124205754j:plain

同じところを逆側から撮っています。奥に見える部屋では一般開放されているのか学生が勉強している様子が見えます。

2階の通路の様子

二階のデッキ

エスカレータで二階へ上がってすぐのデッキから撮ったところです。中央から左がガラスで出来たフェンスのようなものでした。

二階の通路外側

二階の中央付近にある通路です。奥に道路向かいの建物が見えます。

二階の通路奥側

同じ通路の反対側です。床の木目が綺麗ですね。

二階にいろんな施設

様々な目的の施設があるようですが全てモダンに見えます。

壁や天井に飾られている木材

木材の配置の様子

一面に貼られている細長い木材は角度などに規則性がありそう。

デザインのパーツはスノコ状

近くで見るとスノコのようです。

板が並ぶとカッコいい

横一面にズラリと並ぶとご覧のように味が出ます。

横に並んだ美しい木材

横から見た様子。

木材が作る美しい模様

こんなのが沢山並ぶとこのように。

階段もオシャレ

階段も手抜きの無い作り込みです。

広場を見下ろす

二階から見た中央付近

エレベーター付近の照明

エレベータ付近の照明は柔らかい雰囲気。

デジタル時計

何枚か写真を撮ったところで思ったのですが、ここの時計はアナログの方が似合ってそうです。それとも、これだけ完成された作りなので一度アナログを使ったけど似合わなくて(目立たなくて)デジタルに変えたのでしょうか。

広角レンズが欲しくなる瞬間

天井のデザイン

今まで超広角レンズとか欲しいと思ったことがなかったのですが、ここなんかは周りを入れて奥行を出した方が全体の雰囲気が出せそうに思います。

小さい飾りのついた壁面

こちらも、ポイントは壁ですがもう少し違う撮り方があることでしょう。

こんなときにも広角レンズが欲しくなるんでしょうね。その場でもっと広い範囲を収められたら絵的にまとまりそうです。

機会があれば朝や昼の様子も撮りたい

中庭を通る人たち

この日の前日、11月なのに長岡市内には雪が積もりました。写真の色づいた樹はケヤキかなと思いますが、カメラに夢中で確認できていません。

写真を撮る直前まで雨が降っていたせいで中庭や階段の一部も濡れていますが、これはこれで良い効果になってそうです。

正面から見た建物

今回は夜だけの撮影でしたが、この市役所の建物は明るい時間も絵になることでしょう。

そして、長岡市役所に限らず新潟県内には写真を撮るのに魅力的な風景や建物が沢山あるので、ぜひプライベートでも来てみたいと思っています。

晩秋にライトアップされたイチョウ並木を写真に撮る【カメラに写る黄色の世界】

趣味カメラのブログを書いているわりには撮影というものにコミットしていない大人の男の私ですが、今回はターゲットを絞った写真を撮りたいと意気込み出かけてきたのが地元ではそこそこ知れたイチョウ並木です。

黄色に輝くイチョウの木

ですが、こんなロマンチックな場所には幸せそうな子供連れやカップルが付きもので、夕暮れ時の早い時間に出かけた私はこんな自分と正反対な人たちが増える前にシャッターを押しまくろうと焦りまくっていたのでした。

イチョウ並木で本気で写真をとるカメラ初心者

f:id:danmanjp:20171114190726j:plain

イチョウ並木の日中の様子

写真を撮りに行ったこの日は立冬の前日。見事なほどにライトアップされたイチョウ並木は私のようなカメラ初心者でも撮り応えのあるものです。

場所がメジャー過ぎて落ち着けない

ライトアップされたイチョウ

同じく写真を撮る人

カメラについては自称永遠の初心者な私ですが、このイチョウ並木は写真を撮りに訪れる人が多い場所でそこを人並みにカメラを持ちつつシャッターを押す行為はわりと気恥ずかしいものです。

少し上気味に撮る

趣味として写真を撮るならば、こういった雰囲気に徐々に慣れてくるものでしょうが、何というか解放感に乏しい場所というイメージがあります。

夜のイチョウ並木斜めから

何処かに自分だけの穴場みたいな景色を見つけて、そこを独り占めする感覚で写真を撮るのも一つの楽しみ方なのではないかと今回の銀杏並木で感じてきました。そんな自分だけの絶景スポットをぜひ見つけたいものです。

今回使用したカメラはオリンパスのE-PM2

銀杏の樹皮

樹皮をフォーカスして背景をボカシてみました

このイチョウ並木に持ち出したのはいつものGM1ではなく最近ヤフオクで中古で手に入れたOLYMPUSのE-PM2です。少し思うところがあってこの中古のカメラを手に入れました。

夜の銀杏の葉

レンズは以前から入手済みのOLYMPUS17mmF2.8です。

この中古PENminiは、ボディ単体での入手でしたが、小傷や擦れも少なくキレイな状態のものでした。あまり使い込んだ雰囲気もないため良品と言えそうです。
GM1に不満があるわけではなく。レンズも互換性があるし、よく耳にするサブ機ってやつですかねGM1より大きいですけど。

お洒落な社外品のカメラストラップは大人の男を想定していない

カメラを趣味にしようと決めてから愛用のミラーレスカメラにはずっとネックストラップを付けて持ち歩ています。そして、カメラを首から下げて街を歩くスタイルは少し勇気がいるものだとつくづく感じてしまうものです。

カメラを首から下げて歩く勇気

社外品の黒ストラップ

行きかう人々が生活圏としていて、ことさら珍しいと思ってはいない街並みをわざわざ写真に撮りたい人は外国人観光客くらいなものでしょう。しかも、この格好はカメラ女子なら違和感がなくても大人の男だと何が目的なのか疑念を抱かれかねないというのが正直なところでしょう。

ネックストラップを多用する一番の理由は落下防止です。あとはこれぞと思った被写体を見つけたらすぐ手に持てるということですかね。

ならば、もう少し見た目だけでも何とかならないのかと思ってしまいます。

別売りのネックストラップはカメラ女子向け?

サードパーティーという言い方が合っているかですが、いわゆる社外品のネックストラップはオシャレなデザインのものが沢山出回っています。

ところが、この洒落た柄の多くがカメラ女子をターゲットにデザインされたであろう物で、どうにも大人の男には似合わない品ばかりなのです。

中には本革調のデザインなんてのもあるのですが、「なんちゃって」なくせに表が茶色で裏がベージュとか要らん仕様だったりします。落ち着いた色のものが欲しい人に対して布製のストラップでもこれをやられては興冷めしてしまいますね。

シックな色のカメラストラップを下げているつもりが、気づかず裏返った部分が肌色なわけですから男のファッションに合うはずがないのです。

これはメーカー側も気を使って欲しい部分です。

男はどうしてニコンだのキヤノンを欲しがるのか

カメラのネックストラップに男向けのデザインが少ない理由はある程度推測できます。一眼レフに純正で付いてくるCanonとかNikonという文字がデカデカと入ったストラップを好んで使うからでしょうね。

CanonもNikonもカメラ専門のメーカーで家電メーカーが横から割り込んだ立ち位置とはちと違う言わば老舗メーカーなので、そのロゴを強調したストラップを使うのがある種のステイタスになるのでしょう。

私としては、どこぞのチームに所属したがる小者のようで恥かしいし長い物に巻かれてしまった感があるあの太いストラップはまだ使わなくていいかなと考えてます。

無地の長めのものを付けてみる

私の使っているLUMIX GM1には純正で細くて、標準よりわずかに短い?と感じるストラップが付いてます。ミラーレスですから、この辺ははなから大人の男を意識してないのは私がこの小さいカメラの製造者に対して唯一気に入らなく苦情を申し上げたい部分です。
「大は小を兼ねるという言葉を知りませんか?(ストラップだけはそうして欲しかった)」

SOLID25

そんなわけで、私がミラーレス用に購入したのは無難な黒の純正よりは少し長いストラップです。HAKUBAから出ているネックストラップになります。

全長が1400mmと書いてありますが、先の取り付け部の折り返しをすべて伸ばしての長さかと思います。太い帯の部分は700mm、先ヒモ幅は8mm(これがちょうどよい)です。

短いLUMIX純正

長さを比較してみると、こように折り返した余長の部分が申し訳程度に長いです。

ハクバのものに変えたところ

交換後に再度比べてみると、このとおりLUMIXの純正品は短いですね。まさに「帯に短し襷(たすき)に長し」とはこのことです。

ハンドストラップを使うことを決意する

さて、長めのストラップでしばらくカメラを持ち歩いてはみましたが、長く太くなったネックストラップにはやや難点がありました。

今回新たに購入したストラップは一眼レフ用にも使えるやや本格仕様です。この幅と長さだとバッグもカメラ用のものが必要なようです。

今までの細めな純正ストラップでも生じていた現象ですが、普段使いのバッグの中に入れているとストラップがほかの小物に巻き付いてカメラを取り出すときに引っかかり写真を撮影するという次のアクションにスマートに移れないのです。

これが気になりだすと次はハンドストラップに移行を考えなければなりませんね。