カメラを趣味にする理由

趣味は数ある候補の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通ではないでしょうか。

カメラ関連の新着

生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラに興味を持つチャンスです。

カメラそのものが好き

男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのために使う道具をちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

カメラ固有の形状はメカニカルな雰囲気と存在感を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラです。

カメラで写す理想

私たちは様々な場所へカメラを持ち歩きますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で画像が仕上がることも勿論ありますが、理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを時に客観的に映し出します。

スポンサーリンク
 

望む場面、求めたいモノなど、自分が何処を目指し進むべきかを知ることができるのも趣味としてのカメラがもたらしてくれる成果ではないでしょうか

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生を演出

カメラは、ある意味では私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、植物、その他の構築物を写すとき、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。

美しさに感動する時間を過ごしたい。

カメラは私たちをそんな意欲を与えてくれることでしょう。

そして、自由な時間に何かの結果やヒントを見出してもくれそうです。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツール。

ふとした、時間を大切に過ごすためにも今こそが「カメラどき」です。

正規化された URL:

 

HAKUBA「ハクバ」の4段三脚W312B

日頃はフットワーク重視ということがあって、趣味カメラでの写真撮影は専ら手持ちで間に合わせてしまっています。

しかし、夜間の撮影や手ぶれを避けたい場面では三脚が欲しくなるのは否めません。W-312はそんなライトユーザーにピッタリの三脚。

気軽に使える三脚W-312

以前に、雲台が壊れて直せなかったことを記事に書いていましたが、その後に本格的な物でなくても気軽に扱える手頃な三脚が欲しいと考えていたところでした。

そんなライトな趣味カメラに似合う三脚を探していたところで目に止まったのがHAKUBAから発売されているW-312Bです。

W312Bの箱を開封

購入後に箱を開封してみると、ナイロン生地のソフトケースに入った状態。

販売サイトでは型番がW-312またはW-312BKと表記されていますが、箱にはW312Bと書かれています。

 

末尾のBは「ブラックエディション」の意味で、脚の色が黒になっています。

足を延ばさず三脚を立てた状態

脚を伸ばさずに広げた状態では、このようなコンパクト感です。

最大長まで伸ばしたW312

脚も真ん中の支柱も最大に延ばしすと1,285mmの高さになるそうです。

W312Bの仕様

W312の主な仕様は次の通り

総伸長 1,285mm
使用時最低高 410mm
縮長 440mm
重さ 730グラム

趣味カメラ、特にミラーレスには丁度良いスペックかと思います。

樹脂パーツが多く使用されていて、高級感はありませんが使用頻度が多くないこと、重量のあるカメラを扱わないこと等を考えると当分はこれで良いかなと思っています。

3Way雲台

雲台にGM1Sを取り付けたところ

W312にミラーレス一眼を取り付けたところ

雲台の水平器

水平器もついている

カメラを設置し横から見たところ

このW312には3Way雲台という機能があります。

縦撮りへの切り替えが楽

ワンタッチで縦撮りへの切り替えが可能

雲台の角度が上下左右の他に、縦横の角度の切り替えが簡単に変更できる仕組みになっています。

カメラの設置麺

カメラの取り付け部

クイックシューの外し方

レバーを引くとアダプターが外せる

それから雲台とカメラが簡単に脱着できるクイックシューと呼ばれるアダプターが使われていますが、GM1Sではバッテリーの蓋が開かなくなることとレンズの組み合わせでは向きを前後逆に付けなければなりませんでした。

雲台の取り付けアダプタとGM1S

ミラーレス一眼とクイックシューアダプタ

カメラにアダプタを取り付け

カメラにアダプターを取り付け

このように少し制約はありますが、三脚に対してカメラ本体をねじ込むよりも取り付けやすい印象です。

趣味カメラに相応しい三脚

購入したW312Bはブラックエディションですが、色違いのシルバーエディションもあります。

HAKUBA 4段三脚 W-312 シルバー

HAKUBA 4段三脚 W-312 シルバー

  • 発売日: 2009/10/14
  • メディア: Camera
 

 

W-312は、ハイグレードな三脚はいらないけど、たまにカメラを固定して夜景などを撮影してみたい。三脚を使った撮影のメリットを体験してみたいといったユーザーには向いていると思います。

使う機会がないから三脚はいらないと割り切ってしまうと、いざ欲しい場面で直ぐに持ち出せないことになります。

そして、私のような街歩き手撮り趣向な者には隠し技的なツールとしてしばらくの間は役に立ってくれることでしょう。

コーヒーの泡を撮る

コーヒーカップに漂うクリーミーな泡というのに心安らぐ一瞬というのを感じるときがあります。

そんな、ありふれた日常にある泡を真面目に撮ってみました。

黒糖入りミルクラテ

ターゲットは某珈琲店の黒糖入りミルクラテ。

20mmF1.7を装着したGM1Sで寄れるところまで寄ってみました。

黒糖入りミルクラテ

DMC-GM1S 20mmF1.7

カメラのモニタではチェックしきれませんでしたが、ちゃんと泡にフォーカスされていました。表面にクリーミーな泡が浮いていいていかにも甘そうです。

クローズアップレンズを使用

続いてクローズアップレンズ(フィルター)を装着しての撮影です。

クローズアップレンズで撮るラテの泡

クローズアップレンズを使用

ターゲットは同じミルクラテの黒糖入りです。

20mmF1.7とクローズアップレンズ

20mmF1.7にクローズアップレンズを装着

今度はクローズアップレンズのおかげで更に寄れています。

前回と同じ飲み物ですが、入れる人なのか環境なのか泡の色が異なります。場所やカメラのレンズなどの条件に変わりはありません。

スマホのマクロレンズでエスプレッソ

最後に、泡と言えばやっぱりエスプレッソですね。

スマホカメラでエスプレッソの泡

エスプレッソ_ドッピオ

こちらは、スマホカメラにマクロレンズを装着して迫ります。

2回抽出のダブル(スタバでドッピオというやつ)を注文したのですが、カップの中程に留まってしまうためスマホのカメラでも撮影しにくいです。

スマホのマクロレンズでエスプレッソの泡

目いっぱい飲み口に近づけて撮る

やや陰が入ってしまいましたが、そもそも店内が暗めの設定な店舗でしたのでしかたありません。

少し惜しいかな、「倍払うから」とか言ってみて縁まで目いっぱい抽出してもらうと綺麗な泡が撮れそうですが、それはそれで可笑しなお客さんになってしまいますね。

スマホ用マクロレンズを試す

前回の広角レンズに続き、今回はスマホの本体を挟み込んで装着するタイプのマクロレンズを使ってみました。

これが上手く使えれば一眼カメラは風景用、スマホは食品や小物、機械など用にと目的ごとに使い分けが出来そうです。

挟むタイプのマクロレンズ

画像を単なる記録データとして保存する目的なら、カメラはスマホに付属しているもので充分です。

クリップ状の小物一つでマクロ撮影が可能であれば、そうした目的には使えるツールな訳ですが果たしてどんな画像が取れるのでしょう。

スマホ用HD15X MACRO

スマホ用のマクロレンズ

このマクロレンズの見た目はセットで一緒になっている広角レンズと違いが分からないフォルム。

レンズにはHD15X MACROと記述されています。

スマホ本体に装着した感じも広角の時と似たようなスタイルになります。

構える姿勢が多少異なるくらいでしょうか。

撮影画像

試しに撮影してみたのは機械式時計とシングルボードコンピュータのRaspberryPi_Zeroです。

腕時計の裏蓋から見える機械

手巻き時計の機械

手巻き時計の機械ですが、予想していたよりクリアに撮影できています。

文字盤から機械が見える腕時計

次は文字盤がセミスケルトンになっている自動巻き時計。

丸く開いた穴から、機械の様子が良く写せています。

マクロレンズで撮ったRaspberryPi_Zero

RaspberryPi_Zeroの基盤

シングルボードコンピュータの基盤もスマホ単体で撮影するより細かい部分がハッキリ分かる画像が撮れました。

続いてGM1Sに装着した20mmF1.7のレンズを撮ってみたところ、色が黒なだけに埃がかなり目立ちました。

一眼カメラのレンズをスマホ用マクロレンズで撮影

ミラーレス用のレンズ

あまりにも埃が目立ちすぎるので拭いてみたのですが、ここにマクロレンズの性能が発揮されてしまい、拭いきれない物はそのままにしてしまいました。

このように、アート性を求めるものではない画像の記録であれば、この手のマクロレンズでも充分に感じます。

逆にこれ以上の性能だと今回分かったとおり、小物を写す際には指紋などの油汚れや埃の付着には気を使わなければならないようです。

挟んで使うスマホレンズは使えるか

広角レンズ、マクロレンズの両方でスマホ用の挟むタイプのレンズを試してみたところ、私のような凡人用途では充分な描画性能でした。

Webに残す記録写真などにはこの二つのレンズがあれば事足りそうです。

逆に、画像にクオリティーを求め、明るさのムラや周囲の歪みを気にするようであれば、この手のレンズには期待しない方がよいでしょう。

スマホはカメラ単体ではなくカメラ好きにとって複合的なガジェットといった位置づけになります。

カメラを趣味にする者にとって、手にして歩きたいのは持ちやすいカメラであり、スマートフォンは必需品として携帯しているにすぎません。

今回使用したレンズのようにケースに入れた状態でコンデジと同じ大きさなら、カメラを持ち歩いた方が楽しいかもしれません。

迷ったときには、どの選択が心躍るかといったところでしょう。