カメラを趣味にする理由

趣味は数ある候補の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通ではないでしょうか。

生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラに興味を持つチャンスです。

カメラそのものが好き

男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのために使う道具をちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

カメラ固有の形状はメカニカルな雰囲気と存在感を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラです。

カメラで写す理想

私たちは様々な場所へカメラを持ち歩きますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で画像が仕上がることも勿論ありますが、理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを時に客観的に映し出します。

スポンサーリンク
 

望む場面、求めたいモノなど、自分が何処を目指し進むべきかを知ることができるのも趣味としてのカメラがもたらしてくれる成果ではないでしょうか

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生を演出

カメラは、ある意味では私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、植物、その他の構築物を写すとき、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。

美しさに感動する時間を過ごしたい。

カメラは私たちをそんな意欲を与えてくれることでしょう。

そして、自由な時間に何かの結果やヒントを見出してもくれそうです。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツール。

ふとした、時間を大切に過ごすためにも今こそが「カメラどき」です。

正規化された URL:

 

趣味カメラと機材の重さ

休日にカメラを片手に過ごすとき、選ぶ荷物の重さにもどかしさを覚えることがあります。

思い通りにシャッターを押し撮りたいモノと大好きなカメラに集中するのは楽しいけれど、それだけでは仕上がった画像を誰にも見てもらえません。

画像を発信する手段の確保

あれこれ工夫しながら撮影した画像は、自分で見て楽しむのも良いのですが誰かに見てもらう機会があればより結果の充実感は増すことでしょう。

SNSにアップして直ぐに「いいね!」が付くようであれば心配ありませんが、私のように日頃から繋がりを求めるのに消極的な者は、どうしてもWebベージにアップして解説を付けないと他人に観てもらう環境を得られません。

外出先で、そこまでの処理が済まなければ帰宅してから地味なPC作業が待ちかまえていて、妙な後処理っぽい手順を一日の終わりや後日に残すことになります。

理想は一眼カメラとキーボード端末

ミラーレス一眼とキーボード端末を持ち歩く理想形

これを避けたければノートPCやタブレットをカメラと同時に持参する必要があるのですが、カメラとパソコンを一緒にバッグに入れると、重くてフットワークが悪くなり快適ではありません。

カメラを楽しむ時間は、場所や移動手段などの全ての環境で快適でありたいものです。

カメラ重視かキーボードまで欲しいか

重いPCを持ち歩きたくなければ、Webページの編集はスマホで済ませることになります。

慣れればスマホでWebページを作成することも可能ですが、キーボード付き端末と比べれば作業効率は雲泥の差でしょう。

逆にPCを持ち歩いて、カメラはコンデジ又はスマホカメラに妥協してしまうと、どうしても趣味としての楽しさが半減してしまいそうです。

自分としては、休日にバッグの重量が増すのはどうしても避けたいので上のどちらかを選ぶことになりますがどちらも腑に落ちません。

選ぶ機材の妥協点

コンデジで並の装備

カメラを軽いコンデジにした場合

画像の構成はカメラ重視か、キーボード端末も含めるかで悩んだところの中間領域の妥協点です。

カメラはコンデジDSC-WX350、キーボード端末はPCではなくポメラDM100。
これにスマホと充電機器とボールペン1本です。

どれも機材と呼ぶには貧相ですが趣味レベルですので自分的には大切なツールです。

この構成から、カメラのレベルを上げるか逆にキーボードをノートパソコンにするか或いは移動は車に限定して両方のスペックをアップさせ交換レンズまで持参するかになります。

ネタ探しは日頃から

いろいろ悩むところですが、当サイトの趣旨からもできればカメラはメインのGM1を多用したいところです。

メインで使うGM1S

そうした場合、キーボードでの作業性は落ちる機器を選ぶことになりますが、公開するWebページの中身、所謂ネタを予め練っておけば「撮り歩き」後の編集にかかる手間は少なくなりそうです。

公開ページの文章まで入力してしまうと、被写体を選ぶ自由度が低下してしまいそうですが「事前にテーマを絞っておく」という意味ではメリットがありそうです。

もちろん毎回逆の手順を踏んでいてはストレスもありそうですので、たまにはテーマ重視の「撮り歩き」も良いのではと思ったところです。

私の趣味カメラ歴も年数だけは立派な時間が過ぎましたので、今回のカメラと荷物の関係は焦らずともそのうち自分のスタイルが確立できるのではと楽観視しています。

エスカレーターを撮る

奥行きのある写真を撮りたいと街を歩いてたらビルのエスカレーターが目に止まりました。

同じ形、同じデザインのものが均一な速度で手前から奥へ移動していく構造はなかなか絵になります。

エスカレーターの画像

最初に目に付いた商業ビルのエスカレーターです。1階から3階へダイレクトに届く構造。

縦に撮るエスカレーター

エスカレーターだけ撮ろうと画画を縦にしてみましたが、味気ない感じがします。

商業ビルのエスカレーター

続いて、普通に横長に構えてみたら、色々写り込むようになりますが画像としての見栄えはこちらでしょう。

そうこうしているうちに人が来てしまい、この場所での撮影はここまで。

ワンポイントカラーで撮影

黄色を抽出してエスカレーターを撮影

黄色のワンポイントカラー

エスカレーターの画像

同じ場所を広く撮影

続いて、エスカレーター独特の黄色いラインのみをワンポイントカラーで抽出して撮影してみました。

DSC-WX350を使ってカラー撮影

コンデジを使ってカラーで撮影

決まって黄色かオレンジで縁取られた枠が揃っているのがエスカレーターの特徴です。

そして階段との違いは、やはり冷たい金属の質感でしょう。

色の自由度が高い階段に対して、エスカレーターは良くも悪くも無機質な仕上がりになっています。

街中撮り歩き用GM1S

エスカレーターの撮影に使ったGM1S

今回も撮影はLUMIX_GM1を使いました。

中身は季節感のない記事でしたが、秋はやっぱりカメラの季節ですね。

支倉時計とは?

仙台市の街の中心部に支倉時計という街頭時計が置かれています。

目立つほど奇抜なものでもない地味なデザインの時計ですが、何か意味がある物なのでしょうか、街撮りで近くからパシャリとしてみました。

アーケード街にある街頭時計

某GPS系スマホゲームなどでも画像が掲載されていますが、確認してみたところ名前が「一番町の時計塔」に変更されていました。

仙台市のアーケード街にある街頭時計

場所は仙台市の一番町の商店街でアーケード内に周りの風景に違和感なく佇んでいる印象です。

この街頭時計、少し離れたところにもう一台設置されています。

少し離れたところにもう一台同じ形の時計

形は同じですが、こちらは時計の下に中央の人がいません。

街頭時計をセピア加工

時代感のあるお洒落な時計なのでセピアに加工してみました。

あらためてみると存在感がある時計ですね、大きさは数十cmほどあります。

支倉常長の像を添えたデザイン

支倉常長渡欧之像

支柱に「支倉常長渡欧之像」と書かれている

この支倉時計と呼ばれる時計ですが、その支柱には「支倉常長渡欧之像」と書かれています。

伊達正宗の家臣である支倉(はせくら)常長の銅像を用いた時計ということでしょう。

脇に刀を挿した侍が支倉常長で対面に居るのがローマ教皇(法王)だそうです。

間にいる膝まづいている人は誰なのかわかりませんが、宗教儀式の最中を表現したものでしょうか。

時計そのものは世界地図を文字盤にしたSEIKOの時計。

よく見ると分針の先には伊達正宗の甲に付いている三日月マークが付いていました。地元(仙台)の人はこの三日月マークが何かと好きなように感じます。

この時計、最初は何か特別なカラクリがある時計かと思っていたのですが、「支倉」は支倉常長で自分物の名前でした。

余談ですが、私が今さかんにテキストを入力している端末では「はせくら」と打っても変換してくれないので、仕方なく「しくら」で変換しています。

仙台市の街中にある支倉時計は仙台藩家臣の渡欧の歴史をモチーフにした街頭時計でした。

街中のベンチに置かれたDMC-GM1S

久しぶりに持ち出したGM1Sですが、時計のガラス面の反射や逆光の処理で戸惑ってしまい上の写真の半分以上はスマホで撮ってしまいました。

この日の装着レンズは14mmF2.5。

本体色のブラウンが街角のベンチの色に溶け込んで見えないでしょうか。
自分では黒じゃなくこの色を選んで正解だったと思っています。