カメラを趣味にする理由

趣味は数ある候補の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通ではないでしょうか。

カメラ関連の新着

生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラに興味を持つチャンスです。

カメラそのものが好き

男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのために使う道具をちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

カメラ固有の形状はメカニカルな雰囲気と存在感を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラです。

カメラで写す理想

私たちは様々な場所へカメラを持ち歩きますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で画像が仕上がることも勿論ありますが、理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを時に客観的に映し出します。

スポンサーリンク
 

望む場面、求めたいモノなど、自分が何処を目指し進むべきかを知ることができるのも趣味としてのカメラがもたらしてくれる成果ではないでしょうか

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生を演出

カメラは、ある意味では私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、植物、その他の構築物を写すとき、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。

美しさに感動する時間を過ごしたい。

カメラは私たちをそんな意欲を与えてくれることでしょう。

そして、自由な時間に何かの結果やヒントを見出してもくれそうです。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツール。

ふとした、時間を大切に過ごすためにも今こそが「カメラどき」です。

正規化された URL:

 

スマホ用マクロレンズを試す

前回の広角レンズに続き、今回はスマホの本体を挟み込んで装着するタイプのマクロレンズを使ってみました。

これが上手く使えれば一眼カメラは風景用、スマホは食品や小物、機械など用にと目的ごとに使い分けが出来そうです。

挟むタイプのマクロレンズ

画像を単なる記録データとして保存する目的なら、カメラはスマホに付属しているもので充分です。

クリップ状の小物一つでマクロ撮影が可能であれば、そうした目的には使えるツールな訳ですが果たしてどんな画像が取れるのでしょう。

スマホ用HD15X MACRO

スマホ用のマクロレンズ

このマクロレンズの見た目はセットで一緒になっている広角レンズと違いが分からないフォルム。

レンズにはHD15X MACROと記述されています。

スマホ本体に装着した感じも広角の時と似たようなスタイルになります。

構える姿勢が多少異なるくらいでしょうか。

撮影画像

試しに撮影してみたのは機械式時計とシングルボードコンピュータのRaspberryPi_Zeroです。

腕時計の裏蓋から見える機械

手巻き時計の機械

手巻き時計の機械ですが、予想していたよりクリアに撮影できています。

文字盤から機械が見える腕時計

次は文字盤がセミスケルトンになっている自動巻き時計。

丸く開いた穴から、機械の様子が良く写せています。

マクロレンズで撮ったRaspberryPi_Zero

RaspberryPi_Zeroの基盤

シングルボードコンピュータの基盤もスマホ単体で撮影するより細かい部分がハッキリ分かる画像が撮れました。

続いてGM1Sに装着した20mmF1.7のレンズを撮ってみたところ、色が黒なだけに埃がかなり目立ちました。

一眼カメラのレンズをスマホ用マクロレンズで撮影

ミラーレス用のレンズ

あまりにも埃が目立ちすぎるので拭いてみたのですが、ここにマクロレンズの性能が発揮されてしまい、拭いきれない物はそのままにしてしまいました。

このように、アート性を求めるものではない画像の記録であれば、この手のマクロレンズでも充分に感じます。

逆にこれ以上の性能だと今回分かったとおり、小物を写す際には指紋などの油汚れや埃の付着には気を使わなければならないようです。

挟んで使うスマホレンズは使えるか

広角レンズ、マクロレンズの両方でスマホ用の挟むタイプのレンズを試してみたところ、私のような凡人用途では充分な描画性能でした。

Webに残す記録写真などにはこの二つのレンズがあれば事足りそうです。

逆に、画像にクオリティーを求め、明るさのムラや周囲の歪みを気にするようであれば、この手のレンズには期待しない方がよいでしょう。

スマホはカメラ単体ではなくカメラ好きにとって複合的なガジェットといった位置づけになります。

カメラを趣味にする者にとって、手にして歩きたいのは持ちやすいカメラであり、スマートフォンは必需品として携帯しているにすぎません。

今回使用したレンズのようにケースに入れた状態でコンデジと同じ大きさなら、カメラを持ち歩いた方が楽しいかもしれません。

迷ったときには、どの選択が心躍るかといったところでしょう。

スマホ用挟んで使う広角レンズ

近ごろは風景写真を撮るなら広角レンズを使いたいと思うようになりました。

以前から気にはなっていたものの試したことがなかったスマホ用のクリップ式のレンズを使ってみることにします。

広角とマクロのセットを購入

近年のモデルではスマホのカメラでも充分な広角レンズを搭載しているものがあります。

それとは別に、クリップ式のスマホレンズでも広角レンズというのがあるので試してみることにしました。

広角とマクロがセットになったスマホレンズ

左側が広角レンズ

購入したのは、広角レンズとマクロレンズがセットになっているものです。

二つのレンズが入るケースが付属していますが、ケースごと持ち歩くとコンデジよりもガサがあるので、このクリップレンズに性能とか個性を見いだせなければ無駄なものになってしまいそうな感じも否めません。

クリップ式の広角レンズ

今回試してみるのは2つセットになったレンズのうち広角レンズのほうです。

やたら存在感のある形と大きさです。

HD0.6X WIDE ANGLE

レンズには0.6Xと記載。

大きい方がケラレが発生しにくいということなのでしょうか。

当たり前ですが、一眼カメラのレンズを一つ持ち歩くよりは全く苦にはなりません。

ASUSのZenfoneに装着

今回、このレンズを撮影用に装着したのはASUSのZenfone。

こんな小さなレンズなのですが、いざ写真を撮ろうと構えたときに重量感を感じました。

スマホに広角レンズを装着

単体では重さをそれほど感じるものではありませんが、取り付けるとスマホ自体の軽量な機器であるというメリットを若干損ねてしまっているようです。

歪みは少なく撮影できる?

撮影した画像を観てみると周囲の歪みというのがあまり気になりません。

購入前は広角というより魚眼なのかと思っていましたが趣味での撮影レベルでは充分な性能ではないでしょうか。

ノーマルな状態の風景画像

スマホでそのまま撮影

広角レンズを装着して撮影した風景画像

広角レンズを装着後

焦点距離が固定されたスマホカメラを使い続けるより場所によっては面白い画像が撮れるのは間違いないでしょう。

広角レンズなしの参考画像

広角レンズなし

スマホ広角レンズを装着した参考画像

広角レンズあり

ターゲットがスマホなので主に自撮りを想定した製品であることを考えれば撮影範囲も明るさも充分な仕上がりです。

 

 

工夫すれば面白いモノが撮れるのではと少しばかり期待しています。

趣味カメラと機材の重さ

休日にカメラを片手に過ごすとき、選ぶ荷物の重さにもどかしさを覚えることがあります。

思い通りにシャッターを押し撮りたいモノと大好きなカメラに集中するのは楽しいけれど、それだけでは仕上がった画像を誰にも見てもらえません。

画像を発信する手段の確保

あれこれ工夫しながら撮影した画像は、自分で見て楽しむのも良いのですが誰かに見てもらう機会があればより結果の充実感は増すことでしょう。

SNSにアップして直ぐに「いいね!」が付くようであれば心配ありませんが、私のように日頃から繋がりを求めるのに消極的な者は、どうしてもWebベージにアップして解説を付けないと他人に観てもらう環境を得られません。

外出先で、そこまでの処理が済まなければ帰宅してから地味なPC作業が待ちかまえていて、妙な後処理っぽい手順を一日の終わりや後日に残すことになります。

理想は一眼カメラとキーボード端末

ミラーレス一眼とキーボード端末を持ち歩く理想形

これを避けたければノートPCやタブレットをカメラと同時に持参する必要があるのですが、カメラとパソコンを一緒にバッグに入れると、重くてフットワークが悪くなり快適ではありません。

カメラを楽しむ時間は、場所や移動手段などの全ての環境で快適でありたいものです。

カメラ重視かキーボードまで欲しいか

重いPCを持ち歩きたくなければ、Webページの編集はスマホで済ませることになります。

慣れればスマホでWebページを作成することも可能ですが、キーボード付き端末と比べれば作業効率は雲泥の差でしょう。

逆にPCを持ち歩いて、カメラはコンデジ又はスマホカメラに妥協してしまうと、どうしても趣味としての楽しさが半減してしまいそうです。

自分としては、休日にバッグの重量が増すのはどうしても避けたいので上のどちらかを選ぶことになりますがどちらも腑に落ちません。

選ぶ機材の妥協点

コンデジで並の装備

カメラを軽いコンデジにした場合

画像の構成はカメラ重視か、キーボード端末も含めるかで悩んだところの中間領域の妥協点です。

カメラはコンデジDSC-WX350、キーボード端末はPCではなくポメラDM100。
これにスマホと充電機器とボールペン1本です。

どれも機材と呼ぶには貧相ですが趣味レベルですので自分的には大切なツールです。

この構成から、カメラのレベルを上げるか逆にキーボードをノートパソコンにするか或いは移動は車に限定して両方のスペックをアップさせ交換レンズまで持参するかになります。

ネタ探しは日頃から

いろいろ悩むところですが、当サイトの趣旨からもできればカメラはメインのGM1を多用したいところです。

メインで使うGM1S

そうした場合、キーボードでの作業性は落ちる機器を選ぶことになりますが、公開するWebページの中身、所謂ネタを予め練っておけば「撮り歩き」後の編集にかかる手間は少なくなりそうです。

公開ページの文章まで入力してしまうと、被写体を選ぶ自由度が低下してしまいそうですが「事前にテーマを絞っておく」という意味ではメリットがありそうです。

もちろん毎回逆の手順を踏んでいてはストレスもありそうですので、たまにはテーマ重視の「撮り歩き」も良いのではと思ったところです。

私の趣味カメラ歴も年数だけは立派な時間が過ぎましたので、今回のカメラと荷物の関係は焦らずともそのうち自分のスタイルが確立できるのではと楽観視しています。