カメラを趣味にしようと決めた理由

人の趣味は、数ある選択肢の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通だと思います。

ただし、生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラを趣味として検討みるチャンスです。

カメラそのものが好き

実はこの私、男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのような道具としての要素を持つカメラは、ちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

そして、独特のルックスはメカニカルな雰囲気を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラなのです。私も、そんなカメラの魅力に惹かれのが、趣味としてカメラを手にすることになった理由です。

カメラで写す現実と理想

そんなわけで、私たちは様々な理由によりカメラを持ち歩くことになりますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で写真が仕上がることも勿論ありますが、そう多くはないことに直ぐ気づくことでしょう。

理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを客観的に映し出してくれます。

スポンサーリンク
 

カメラ初心者ならではの実感かもしれませんが、理想との距離がどれだけあってドコまで近づけるかが想像できることは、自由な時間を楽しむための道標となることでしょう。

望む場面、求めたいモノなど、自分が次にどちらの方向へ進むべきかを知ることは大事なことです。

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな個人利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生をドラマティックに

人は人生の節目にカメラを手に取ります。

そして、カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。
美しさに感動する時間を過ごしたい。
カメラは私たちをそんなライフスタイルへ誘ってくれることでしょう。

趣味としてカメラを選ぶことは、自分のライフスタイルを見つめ直し理想を追い続けることに繋がります。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツールであると言えるでしょう。

正規化された URL:

 

魚眼レンズで撮る夜の街

カメラを手に街中を撮り歩くのは楽しいわりに、どうしても歩いている人や車が写り込みやすいので気軽ではありません。

今回は人気(ひとけ)の少ないタイミングを選んで夜の街を撮り歩いてみた画像です。

使用したレンズは格安の魚眼レンズ「PixcoCCTVレンズ超広角8mm f3.8」です。

人の少ない街角

人気(ひとけ)が少ないと言っても、時期的には半年以上も前の冬に撮り歩いた画像になります。

当然、大都市ではなく地元(一応中核市)の街を今回はターゲットにしました。

魚眼レンズで撮る夜の街

人気のない夜の歩道橋

歩道橋から魚眼で写す

地方都市の駅前の夜

魚眼で撮る商店街

店が休みの飲み屋街

動きが少ない夜の駅

マニュアルフォーカスのレンズというのが初めてなのと、手持ちで明るく撮りたかったのでボケボケです。

車が写り込まない交差点

割と大きな交差点ですが、信号待ちの車などが全くないタイミングで写真を撮ることができました。

通行量が減った交差点

魚眼レンズで撮る夜の交差点

車がいない夜の交差点

同じく車が少なく写り込みにくい時間帯には早朝がありますが、同時に人通りも少ないとは限らないので難しいですね。

魚眼レンズを使った街撮り

使用した「PixcoCCTVレンズ超広角8mm f3.8魚眼」がマニュアルフォーカスのレンズだったのと、今回は夜の撮影でしたので三脚は必須だったようです。

カラフルに照らされた街の歩道

超広角でオートフォーカス、加えてマイクロフォーサーズ規格のレンズとなると、趣味カメラ的には手が届きにくいレンズなので、マニュアルフォーカスのレンズに手を出してしまうのは致し方ないことです。

上級レンズに手を出す前に、今回使用した魚眼レンズでやはり趣味の範囲で「そこそこな写り」がしてくれるか充分試してから検討したいところです。

三脚の雲台が壊れる

久しぶりに三脚を取り出してきてカメラを固定しようとしたところ、グラグラして上手く固定できない状態。

よく見てみると雲台をポールに固定する部分が樹脂でできていて、それの破損が原因でした。

こういった部分は汎用品が手に入りそうな気がしますがどうなのでしょう。

ポール取り付け部の破損

破損したのは、三脚のポール部分のパーツではなく取り付けられている雲台のクランプ状の形をした部品。

固定している樹脂部品が破損

雲台を固定している部分が破損

ねじを締め込んでポールの先端を掴む要領で固定する仕組みになっています。

カメラ三脚の雲台なんて規格品じゃないのかと思って少し調べてみたのですが少し甘かったようです。

汎用品が付かないタイプ?

ネットで購入できる雲台はどれも三脚への取り付け部分に穴が開いて雌ねじが切ってあります。

雲台を取り外した画像

取り外したら欠けてボルトがむき出し

手元にある壊れた雲台のように、円柱の外側を覆うタイプのものは探しても見あたりません。

この雲台は製造メーカーの独自規格で作られたもので汎用品に交換して利用することは難しそうです。

三脚側の取付け部

カメラ三脚の先端

三脚側の取り付け部分もごらんの通り雄ネジではなく、樹脂製のキャップのようなものが先端についているだけです。

このねじ込んである黒いキャップの代わりの汎用規格のボルトを逆向きに設置できれば嬉しいのですが、黒いキャップのネジ部分の径が12mmほどと大きくネジ変換部品などを調べても見つかりませんでした。

こうなると、自分での修理は諦めて別な三脚を購入した方が良いようですが、カメラやレンズをそろえる度に今回だけ贅沢をしようと思い切っていただけに、それにプラス三脚となるとまたしばらく悩んでしまいそうです。

パシャパ(PashaPa2)の画像データを携帯電話に転送する方法

かつてauから販売されていたガラケー専用の小型カメラの「パシャパ」。

その2代目モデルのパシャパ2については以前に記事で紹介した通りです。この小型カメラで撮影した画像を利用するためには当時物の携帯電話が必要になります。

撮影画像を確認できるガラケーは年代的に2000年代中頃のモデルが対応しているのではと思われます。

準備した携帯電話

今回、撮影画像読み込み用に準備した携帯電話はauの二つ折りモデルのガラケーA5301T。

auの携帯A5301T

準備したというより、家のガラクタから探し当てたといったほうが正しいでしょう。

こちらは既に本体にカメラが内蔵されたモデルで本体背面にもサブ液晶モニタを搭載した当時としてはモダンなモデルでした。

パシャパ2の接続

取扱説明書というものが無いので正規の接続手順というのが定かではありませんが、携帯の電源はON、パシャパの電源がOFFの状態で携帯に接続してみることにしました。

携帯にPashaPaを接続

PashaPa2を接続したA5301T

カメラのLEDが点滅

パシャパの電源を入れるとLEDが点滅

携帯の充電ポートにパシャパ2のコネクタを奥までしっかり差し込んでからパシャパの電源をONにします。

メニュー画面が表示された携帯

カメラモードが起動

カメラの電源をONにすると、すぐに携帯画面にパシャパのデータを操作するためのメニュー画面(カメラモード)が起動しました。

画面に表示されたメニューで操作

表示された操作メニューに従いパシャパの撮影画像を携帯画面に表示することを試みます。

ファイルリストの表示

メニューからファイルリストを指定すると画像ファイルのリストが表示されるので確認したい画像ファイルを選択。

パシャパ2で撮影した画像

PashaPa2で撮影した画像が表示された

操作は特に複雑でもなく、ごらんの通りガラケーの画面にパシャパの内部メモリに保存されていた画像が表示されました。

スポンサーリンク
 

データをSDカードへ保存

モニタに撮影画像が表示された状態で、『サブメニュー→全画像登録』と操作すると携帯電話に画像が保存できます。

ファイルリストに戻り『サブメニュー→登録』と指定すればファイルを個別にガラケー本体に転送が可能。

画像をSDカードに保存

A5301TはSDカードに画像のコピーが可能

その後に本体でフォルダ操作用メニューからSDカードへコピーをすればPCなどで画像の利用が可能です。

パシャパで撮ったガラケーA5301T

PashaPa2で撮影した画像

今となっては、質感の低い画像データですがパシャパ2が現行で販売されていた頃は、こうした技術はとても斬新なものでした。

このパシャパという小型カメラは、厚さ数ミリが当たり前のスマホで高画質の画像が即座にネットに送信可能な今の時代には、忘れ去られつつある過去の遺産と言えそうです。

撮影画像の読み込みに成功した今回のA5301Tは、2002年9月発売のモデルのようです。

2010年以降のスマホ普及直前に販売されていた新し目のモデルではPashaPaを接続してもメニュー画面が出ることはなく。データフォルダのメニューにもデータを表示することはできませんでした。

画像の読み込みには、パシャパの初期モデルが登場した2000年の後、2001年から数年のモデルが対応しているかと思われます。