カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

カメラを趣味にしようと決めた理由

人の趣味は、数ある選択肢の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通だと思います。

ただし、生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラを趣味として検討みるチャンスです。

カメラそのものが好き

実はこの私、男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのような道具としての要素を持つカメラは、ちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

そして、独特のルックスはメカニカルな雰囲気を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラなのです。私も、そんなカメラの魅力に惹かれのが、趣味としてカメラを手にすることになった理由です。

カメラで写す現実と理想

そんなわけで、私たちは様々な理由によりカメラを持ち歩くことになりますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で写真が仕上がることも勿論ありますが、そう多くはないことに直ぐ気づくことでしょう。

理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを客観的に映し出してくれます。

カメラ初心者ならではの実感かもしれませんが、理想との距離がどれだけあってドコまで近づけるかが想像できることは、自由な時間を楽しむための道標となることでしょう。

望む場面、求めたいモノなど、自分が次にどちらの方向へ進むべきかを知ることは大事なことです。

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな個人利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生をドラマティックに

人は人生の節目にカメラを手に取ります。

そして、カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。
美しさに感動する時間を過ごしたい。
カメラは私たちをそんなライフスタイルへ誘ってくれることでしょう。

趣味としてカメラを選ぶことは、自分のライフスタイルを見つめ直し理想を追い続けることに繋がります。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツールであると言えるでしょう。

さりげなく持ち歩けるコンデジCyber-shot_DSC-WX350

高機能だけど自然に持ち歩けるコンパクトデジタルカメラを探していたらDSC-WX350に行き着きました。

黒のデジカメは撮影時以外に人前で取り出しても目立つことがなくWX350のデザインは落ち着いていて大人の持ち物に見えます。

黒いコンデジが使いたい

コンデジは以前記事にしたDSC-WX200を所有していましたが、本体色を100%自分の好みで選んだ色(シャンパンゴールド)でした。

ところが使用していくうちに気づいたのが、自分の好みの色が日常的に使いやすい色であるとは限らないといったことでした。

あまりオシャレな色だと、撮影画像を確認するのためコーヒー屋や電車の座席でカメラをバックから取り出したときに目立ちすぎるのです。

まあ、他人の目というのは気にするほどではないという事実は承知ですが、自分的にどうにも気になってしまいます。気に入っている色だけど人前で使うにはイケてないというのが…。

DSC-WX350の外観

Cyber-shotDSC-WX350の外観は徹底的な黒(WX350は黒以外のカラーもあり)です。細部にメッキパーツの使用もなく徹底的なブラック。マッド調ではないものの光沢は控えめです。

ソニーDSC-WX350正面

正面から見たDSC-WX350

WX350液晶側

液晶パネル側

WX350右側面

USBポートがある右側面

WX350左側面

左側面には何もなし

本体上部

本体上部には電源ボタンあり

本体下

底面には小さなHDMIポートとバッテリー、メモリーカードスロット

正直これといって特徴のないデザインですが、他にはない高級感が漂います。

それとWX350は、SONY_Cyber-shot好きでなければ上級機種と見分けが付かないほどデザインが統一されています。

さすがにRX100とは形状が異なりますが、カメラに興味がない人から見ればどちらも同じに見えるでしょう。

SONYのデジカメを選ぶ理由

以前、WX200を購入したときに選定理由となったのが汎用のUSBケーブルで充電が可能であったためです。

WX350も同じく直接本体へ充電が可能ですが、最近はSONYに限らずどのメーカーもこの手法を多く採用してきていると聞きます。

機能面ではマクロ撮影を重視しましたが、これについても各メーカーで極端な差はない模様で最終的にはデザインです。

他のメーカーはメカメカしさより握り心地や流線型みたいなものにこだわっている印象がありますが、WX350はどことなくメカっぽい道具らしさを漂わせているように感じます。

一昔前は、コンデジに採用された形状は近未来を意識したものでしたが当時の近未来がまさに現在です。

光学的、電子的性能が進化を遂げた今、メーカー側が意識したのが昔のフィルムカメラに似たデザイン。

これに操作性や仕上げの美しさなどの味付けを施したのがWX350を含めた現行機種のデザインであると言えるでしょう。

DSC-WX350の光学ズーム性能

WX350の特徴として20倍の光学ズームと約80倍(最大画素数時)のデジタルズームがあります。

このズーム機能はパンフレットで「プレミアズーム」と表現されています。

ズームなし画像

ズームなし

市街地の駅ビル付近の風景を移した画像ですが同じ場所から中心付近をズームしてみます。

光学ズーム時

光学ズームとデジタルズーム

光学+デジタルズーム時

光学+デジタルズーム最大

数百メートル先の構造物の画像を光学+デジタルズームで迫って撮影するとかなり鮮明に写ります。

お気に入りコンデジのあるシーン

食事中にWX350を充電

地味で落ち着いたデザインのWX350は飲食店のカウンターに付属の電源で充電しても目立ちにくく違和感がありません。

ホテルの部屋で充電

ホテルの部屋でも気軽に充電

このように外出先で気軽に充電できるということは街角を撮り歩きたい趣味カメラマンにとって最大の利点であります。

加えて電車の中など人前で撮影画像を確認したいときなども、一見地味で機械染みたデザインのDSC-WX350はバックから取り出しやすく感じます。

カメラに限らず趣味の道具を持ち歩くとき、それが気に入ったデザインであるかは勿論重要です。パソコンなどもそうですがカメラのように機能性が重視される趣味の道具については、持ち物を強調したいわけでもないのでデザインがシンプルであることも重要かもしれません。

ドカベンの銅像がある街(新潟市古町)

新潟市で人気マンガ「ドカベン」のキャラクター像を写真に撮ってきました。

場所は古町の「ふるまちモール5」と呼ばれる商店街でドカベンの他にも野球マンガに登場する人物の銅像が7体設置されています。

ドカベン像の場所

ドカベンと言えば野球をテーマに描かれたマンガとして広い世代に有名です。

ドカベンの主役:山田太郎

ドカベンこと山田太郎

登場キャラクターのなかでも、主役の山田太郎は「気は優しくて力持ち」と歌われたように、男の強さと優しさを併せ持った人気者でした。

今回は、そんなドカベンの銅像がある街を愛機DMC-GM1で撮り歩きます。

場所は新潟市の古町。
バス通りに面した「ふるまちモール6」を通り抜けた先の「ふるまちモール5」を目指します。

古町は百貨店や商店街などが立ち並ぶ新潟市の中心的な場所。

JR新潟駅からは少し離れた場所なので、遠方からの旅行などで訪れた場合はバスやタクシーを利用した方が便利です。

街に並ぶ野球ヒーロー達

古町にあるドカベン像は、ドカベンのキャラクターだけでなく作者(水島新司)の同じ作品である「野球狂の詩」などに登場する人物の像も含まれています。

あぶさん(景山安武)

商店街の信号を渡り「ふるまちモール5」に入ると早速「あぶさん」が迎えてくれます。

景浦安武:あぶさん

あぶさんの主人公は景浦安武ですが、名前は「あぶ」ではなく「やすたけ」というのが本当の読み方で「あぶさん」は通称というかあだ名のようです。

水原勇気(野球狂の詩)

水原勇気:野球狂の詩

こちらはドリームボールで有名な水原勇気。

あぶさんが商店街の通りの左側に居て、そのまま直進した場所に水原勇気がいます。

里中智

水原勇気のちょうど通り向かい側(進行方向右側)にいるのがドカベンの登場人物である里中君こと「里中智」です。

里中智

里中君あっての山田太郎と言ってもいいほど、漫画ドカベンの中では重要人物だったと記憶しています。

ドカベン山田太郎

さすがは名コンビ。里中を過ぎてすぐ同じく右側にドカベンこと山田太郎が勇ましくバットを振り回している像が登場します。

主役のドカベン

さすがドカベン(山田太郎)振るバットに力強さを感じます。

ドカベンの背番号2

ドカベンの背番号は2番

個人的には知るマンガの主人公の中では最も寡黙な山田太郎ですが、ストリートのど真ん中に堂々と君臨していました。

岩田鉄五郎(野球狂の詩)

岩田鉄五郎:野球狂の詩

山田太郎の次は、左側に再び野球狂の詩から岩田鉄五郎の登場です。

殿馬一人

岩田鉄五郎を過ぎると、右へ移って殿馬一人。

殿馬一人

登場シーンで宙返りをしていたのが印象に残る殿馬です。

葉っぱの岩鬼からとんまと呼ばれていたのを覚えています。

岩鬼正美

最後は左側にドカベンのムードメーカーと言って良いでしょうか「はっぱの岩鬼」がバットを片手に堂々と立っています。

岩鬼正美

堂々とした存在感:葉っぱの岩鬼

岩鬼の口から生えている葉

おなじみトレードマークの葉っぱ付きですね。

銅像は以上の7体です。
この日は日曜日で写真を撮り歩く中、ドカベン像にカメラを向けていたのは自分だけでしたので、観光客の中で写真を取りにくる人は少ないようでした。

街撮りと銅像

今回、銅像の撮影に使用したのはメイン機のPanasonic_DMC-GM1Sです。

ドカベン銅像の撮影に使用したDMC-GM1S

時代の風潮的なもので、街の中で本格的にカメラを構えていることに少し遠慮がちになってしまいますが、何を被写体にするかで心持ちみたいなものもだいぶ和らぎます。

街角の人物像などは、趣味のカメラで撮るのにわりと向いている被写体のように思います。

自治体などがその土地に設置する想像などは、その地の出身で栄誉を納めた人物などが多いことでしょう。

新潟駅構内:雪椿の乙女

JR新潟駅構内にある像:雪椿の乙女

街に立つ銅像に目を向けることで、その地域の文化や係わった著名人の功績などが分かり、ちょっとした旅の収穫が得られた気分にもなります。

今回訪れた新潟市の古町も、マンガという文化を街全体で盛り上げている印象でした。

街に立つ銅像に目を向けることは、その土地を知ることににも繋がることでしょう。

街中で新緑の写真を撮り歩く

5月も中旬に差し掛かった頃いつものコーヒー店で外を眺めていたら、ふと新緑の写真を撮りたいという衝動にかられました。

超大型連休もどちらかというと仕事モードで過ごし、ちょうど日曜日の休日にあたったこの日は朝から頭が完全にOFFモードでしたが、みずみずしい新緑の画像を得るにまだ間に合うかもと思った瞬間スイッチが入りました。

そうだ!新緑を撮ろう

街の新緑を撮りたいと思い立ったのは、休日によく行くコーヒー屋で過ごしていたときのこと。

カフェで充電中のWX350

今回もちょうど一ヶ月ほど前に桜の花を撮るのに使用したCyber-shot_DSC-WX350を使用します。

メイン機の小さな巨人GM1は家でお休み中でバックに忍ばせていたのはこのコンデジでした。

青葉通りの道路標識

場所は仙台市の街中、コーヒー店を出てから歩き始めたのは青葉通り付近ですが、ここ杜の都で絵になる樹といえば冬に光のページェントで有名な「定禅寺通」。

緑に色づいた青葉通

文字通り葉の青みが増した青葉通りをよそに定禅寺通を目指します。

初夏のそよ風と街の緑

この日はちょうどマラソン大会が行われていたところで、季節は初夏にあたりますが吹くそよ風はまだ春の雰囲気を漂わせています。

歩道のケヤキ

街中の歩道で見る新緑

晴天の空に映える緑の葉

街の歩道にあるケヤキ

途中にあったケヤキがいい感じの薄い緑をしていました。

勾当台公園付近のケヤキ

初夏の青空と木々の緑

大きなケヤキ


大御所のケヤキ並木へ向かう前に勾当台公園へ立ち寄ってみました。

さすがに5月では緑がだいぶ濃くなっていますが、枝先のほうは若々しい色をしています。

公園の紅葉

薄い緑に輝く紅葉の枝

ケヤキが濃い緑を見せている中で紅葉の葉はちょうど良い感じの新緑に見えます。

銀杏の新緑

新緑の銀杏並木

秋に美しい黄色に染まっていた銀杏の葉は新しい緑に入れ替わっていました。

大きなケヤキ並木

定禅寺通のケヤキ並木

やや寄り道のあとに定禅寺通りのケヤキ並木に到着です。

翌週にある祭りの準備

祭りの準備か普段見かけない構造物

青葉まつりの提灯

提灯には「青葉まつり」の文字

祭りの山車とケヤキ並木

翌週にある祭りの準備でしょうか普段は目にしないものが置かれていました。

緑の定禅寺通り

冬にイルミネーションで飾られていた枝も新しい緑が生えています。

参照:SENDAI光のページェントをザックリ写真に撮る

定禅寺通りのケヤキからの木漏れ日

定禅寺通ケヤキからの木漏れ日

初夏の眩しい木漏れ日


森林浴という言葉がありますが、こんな場所で木漏れ日浴というのはいかがでしょう。でも、街を歩く人は皆興味がないようでもっと楽しい何かがありそうでした。

こんな緑が撮りたい

撮りたかった理想の緑

ケヤキ並木のちょうど中央付近で、お目当ての色を保った新緑を目にしました。

風にそよぐ新緑

心地よく吹く風が、枝先を揺らすのでなかなか理想の枠に収まりませんでしたが、何度かシャッターを押すうちに納得がいく写真が撮れました。

お目当ての新緑画像を得ることができたところで撮れた写真の確認などをしながら更に数枚とり続けます。

木漏れ日を浴びながら趣味カメラを満喫

初夏のそよ風のもと、街の中で青い空と緑の木を見上げながら歩きシャッターを押すことのなんと楽しいことでしょう。

緑の中、こうしてずっとカメラを握りしめ木々の緑と戯れていたいと感じる時間でした。

この先も、こうした時間を多く過ごしたいと思いますが、日常の緊張感というのはそうしたプライベートの時間のことを忘れさせてしまう作用があるようです。

そうならない為に自分の大切な時間に気を配りながら今後も趣味のカメラを楽しみたいですね。