カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

カメラを趣味にしようと決めた理由

人の趣味は、数ある選択肢の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通だと思います。

ただし、生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラを趣味として検討みるチャンスです。

カメラそのものが好き

実はこの私、男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのような道具としての要素を持つカメラは、ちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

そして、独特のルックスはメカニカルな雰囲気を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラなのです。私も、そんなカメラの魅力に惹かれのが、趣味としてカメラを手にすることになった理由です。

カメラで写す現実と理想

そんなわけで、私たちは様々な理由によりカメラを持ち歩くことになりますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で写真が仕上がることも勿論ありますが、そう多くはないことに直ぐ気づくことでしょう。

理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを客観的に映し出してくれます。

スポンサーリンク
 

カメラ初心者ならではの実感かもしれませんが、理想との距離がどれだけあってドコまで近づけるかが想像できることは、自由な時間を楽しむための道標となることでしょう。

望む場面、求めたいモノなど、自分が次にどちらの方向へ進むべきかを知ることは大事なことです。

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな個人利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生をドラマティックに

人は人生の節目にカメラを手に取ります。

そして、カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。
美しさに感動する時間を過ごしたい。
カメラは私たちをそんなライフスタイルへ誘ってくれることでしょう。

趣味としてカメラを選ぶことは、自分のライフスタイルを見つめ直し理想を追い続けることに繋がります。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツールであると言えるでしょう。

正規化された URL:

 

テレコンバーションレンズ【RAYNOX_TELEPHPTO_1.8X】

中古品取り扱い店のジャンク品コーナーで「RAYNOX_TELEPHPTO_1.8X」というテレコンバーションレンズを見つけたので、手元のマイクロフォーサーズカメラで使用できないか試してみることにしました。

ちなみに、テレコンを使うのは初めてで購入動機も多くのレンズに汎用性があるのかなと思ったのですが肝心の望遠効果はどの程度のものなのでしょう。

レンズ前面へ取り付けるテレコン

今回入手したRAYNOXのテレコンバーションレズ(1.8)は、デザインと形状から生産が終了しているDCR-1800という型番のものかと思われますが上方が少ないため定かではありません。

E-PM2とDCR-1800

レンズフィルター用のネジ山を使用して取り付け

このテレコンはレンズの前面にあるフィルター用のネジに取り付けるタイプです。

前玉が大きなテレコン

以前、記事にしたオリンパス純正ワイコンのように特定のレンズ用に作られているわけではなく、フィルター径が合えば物理的には装着可能(機能的には適、不適あり)のようです。

M.ZUIKO_DIGITAL14-42mmへ装着

フィルター径が52mmのレンズに適合しますが、手持ちのレンズでサイズが合うものへ装着してみたところ見事にケラレが発生しました。

次の試してみたのが「M.ZUIKO_DIGITAL14-42mmF3.5-5.6Ⅱ」。

E-PM2へ装着

M.ZUIKO_DIGITAL14-42mmF3.5-5.6Ⅱで使用

フィルター径が37mmと小さいのでステップアップリングを介して装着しました。

テレコンを使用しての撮影画像

14-42mmF3.5-5.6Ⅱ単体で撮影した画像

M.ZUIKO_DIGITAL14-42mmF3.5-5.6Ⅱ単体で撮影

まず、M.ZUIKO_DIGITAL14-42mmF3.5-5.6Ⅱ単体で撮影した場合の画像です。

続いて、これにテレコンを付けた場合です。

14-42mmF3.5-5.6ⅡへDCR-1800を装着

テレコンを装着して撮影

被写体のバナナが大きく写せています。

標準ズームを使っていて、もう少し望遠にして使いたいときにレンズ交換なしに既存のレンズに装着して望遠できるというのがテレコンバーションレンズのメリットというわけですね。

ちなみに、レンズ単体、テレコン装着時、どちらも42mmの望遠側で撮影しています。

デジタルテレコンも使用

テレコン装着でさらにデジタルテレコンをON

さらに、E-PM2に搭載されているデジタルテレコン(2倍)を「ON」の状態で撮影してみると被写体が画像に収まりませんでした。

デジタルテレコンは、その仕組みを考えると進んで使いたい機能ではありませんが、そもそも目的が趣味の範囲でWebへのアップロードなら問題はないレベルというか、人が画像の完成度を評価できる域でないのを思い知らされます。

テレコン装着で14mm

テレコン装着で14mmだとケラレが発生

テレコンを装着時に14mmの広角側で使うとこのようにケラレが生じます。

LUMIXの20mmF1.7へステップアップリングを介して装着した場合でも同様にレンズの枠が写り込んでしまいます。

スポンサーリンク
 

マイクロフォーサーズには不向き?

当初、屋外での試し撮りもしてみましたが近所の景色があまりにも殺風景で頂けないため試料画像として却下となりました。

ミニ三脚を付けたE-PM2

RAYNOXのテレコンを装着したE-PM2は小振りなボディーでもレンズの大きさでカメラらしさを演出できていますが、マイクロフォーサーズ用にはやや大きすぎる感が否めません。

また、「14-42mmF3.5-5.6Ⅱ」の広角より(14mm)で発生したケラレが、所有するほとんどのレンズで生じるので「14-42mmF3.5-5.6Ⅱ」以外では使い物になりませんでした。

カメラの楽しみ方は人それぞれですが、私の場合、望遠機能が欲しくなる場面はそれほど多くありません。

標準レンズに気軽に取り付けできるメリットはありますが、この大きさはマイクロフォーサーズカメラのコンパクトなボディーサイズによりもたらされる機動性が発揮できません。

私が求める趣味カメラは、休日の自由な時間に日頃使いのバッグでさり気なく持ち運べる本気のカメラです。

今回のようなテレコンバーションレンズは、今日、この日、この時間は「カメラのひととき」というように、場所や時間を絞り込んでカメラに没頭したいときに必要なレンズなのでしょう。

初期の液晶無し低価格デジカメCASIO_LV20

CASIOの低価格デジカメLV20は、いつでも気軽に家族写真が撮れるデジカメというのがコンセプトでした。

使い捨てのフィルムカメラのように、日常品と同じく手軽に扱えるデジタルカメラという位置づけとも言えるでしょう。

LV20はデザイン性に優れたトイデジカメ

当時すでにカシオからは液晶モニタ搭載のコンパクトデジタルカメラが発売されていて、LV20はスペックから見ても廉価版デジカメという扱いで登場。

ただし、本体デザインは中身のスペックに反しとてもモダンなものでした。

正面から見たLV20デジカメ

LV20は本体サイズが小さめですが、ストロボを内蔵しています。

本体右側

正面から見て本体の右側にはUSB(ミニ)ポートが装備されていて、ここへケーブルを接続しPCへ画像を転送する仕組みです。

メディアカードの類は利用できないカメラです。

反対側の側面にはストラップホール以外は何もありません。

LV20の本体上部

本体の上部には、電源ボタンと大きめのシャッターボタンがあります。

OPENと書かれた・・・を▲(正面)方向へ押すと、カバーが開いて乾電池収納スペースへアクセスできる仕組み。

電源は単三電池2本で駆動します。

液晶表示部には、バッテリー残量やフラッシュモード、残りの撮影可能枚数が表示されています。

画像では60枚中、あと59枚撮影できる表示がされています。

LV20の本体裏

本体の裏には、ファインダーをはじめMODE選択とフラッシュやタイマーなど各種設定ボタンが配置。

左下のほうに「DIGITAL_CAMERA_LV20」の表記があります。

本体下

本体下には三脚などに固定できる「ねじ穴」があります。

以上のように、LV20のスペックはは液晶もメモリスロットも搭載しないトイデジカメと似たようなものです。

ただ、ご覧のように正面から見ただけでは普通のデジタルカメラに見えてしまう装いを持っています。

スポンサーリンク
 

大きさは現在のコンデジ並み

LV20とGM1S

LV20をGM1Sと並べてみると本体サイズがとても小さいことがわかります。

トイデジカメのわりに見た目の完成度が高いので、正面から見ただけだと液晶モニタを搭載した普通のコンパクトデジカメのような雰囲気です。

モノが判別できる程度の画質

LV20で撮影したGM1S

実際にLV20で撮影した画像

こちらは実際にCASIO_LV20で撮影した画像。ピントがあっていないように見えますがこの世代の画素数の低さだとこんなものでしょう。

ぼんやりしている画像ですが、被写体がカメラであることは分かります。

撮影範囲も私が狙ったよりも下方向を写していました。

LV20で撮影したデータの画質は、人物が誰であるか、撮影したモノが何であったかが分かる程度で表情や表面の状態などが細かく判断できるほど繊細ではありません。

それから、LV20の画像転送にはPCにドライバのインストールが必要でした。

付属のCD-ROMを保管していたため画像の転送が可能でしたが、手順を間違えたのかWindows10ではUSB接続でカメラを認識できず、古いWin98パソコンを持ち出してきて画像データのアップロードが可能だったという次第です。

LV20は低画質であるがゆえに味のある面白い普段画像が撮れそうなカメラでもありますが、Wifiの普及で撮影データの転送が便利になった今の時代では扱いにくい機種になってしまったようです。

「こんなカメラもあったよね」といった存在ですね。今の時代にメリットを見いだすなら乾電池駆動と本体の軽さくらいでしょう。

オリンパスのワイドコンバーターWCON-P01

カメラを持ち歩き風景を撮るのが目的なら広角レンズは是非揃えておきたいところです。

しかし、あらためて広角レンズの価格を調べてみると結構な値段がします。そこでメーカー純正のワイドコンバーターというものを試してみました。

WIDE_CONVERTER_WCON-P01

OLYMPUSからも「WCON-P01」というマイクロフォーサーズ専用のWIDECONVERTERが出ていて広角レンズよりもお手軽に入手可能になっています。

横から見たWCON-P01

実はこのWCON-P01は「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6Ⅱ(R)」という標準レンズ(キットレンズ)専用のワイドコンバーター。

樹脂製のカバーの上に置いた状態です。

単焦点レンズの魅力に目覚めて手放してしまったとかがなければOLYMPUSユーザーが持っている確率が高いレンズですね。

上から見たWCON-P01

前面のシルバーの縁がデザイン的にいい感じですが、この部分にMADE IN PHILIPINEと書かれていました。

日本製ではないようです。

装着方法

今回、WCON-P01での撮影に使用したカメラはE-PM2、レンズはM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡRを付けています。

レンズの先端に合わせる

レンズの先端の樹脂製保護リングを外すとちょうどセンター部分に印があるので、WCON-P01の矢印が書かれた部分を合わせます。

WCON-P01の装着完了

レンズ先端にワイコンが装着された

印を合わせ矢印方向へ軽くねじ込めば装着完了です。

撮影画像

ワイコンの有り無しで撮影画像を比較してみましょう。

WCON-P01無し

まずM.ZUIKO_DIGITAL_14-42mm_F3.5-5.6ⅡRを14mmの広角端で撮影。

WCON-P01を装着で撮影

続いてWCON-P01を装着しての画像です。

ごらんの通りワイドコンバーターを装着している方が広く撮影できています。明るさの変化はあまり感じられません。

焦点距離は11mmに変換され35mm換算では22mm相当と超広角にあたる撮影が可能になります。

当たり前ですが、画質的に拘りたいなら広角レンズを別に購入した方が間違いないでしょう。

スポンサーリンク
 

ワイコンを装着したE-PM2

ワイコン装着前のE-PM2

レンズ先端のリングを外した状態でワイコンを使う

標準レンズ(M.ZUIKO_DIGITAL_14-42mm_F3.5-5.6ⅡR)の形はお世辞にも格好いいものではありませんが、マイクロフォーサーズのズームレンズをコンパクトに仕上げるとこうなってしまうのでしょう。

WCON-P01を付けたE-PM2

WCON-P01を付けてみるとレンズにフードを付けたような大胆な見た目になりますが、これもまた好みによることでしょう。

広角撮影を意識した場面では最初からWCON-P01をレンズに装着させておいて、不要なとき(ズームしたいなど)に取り外す使い方が理想かと個人的には思います。

なお、仕様では14mm広角端での使用が推奨になっています。

E-PM2と標準レンズにワイコンの組み合わせ

ワイコンを実際に使用してみての感想ですが、広角での撮影を多用したい場合、装着する人によっては高価な超広角レンズへの購買意欲をさらに煽ることにもなりそうな感じがしました。