カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

カメラを趣味にしようと決めた理由

人の趣味は、数ある選択肢の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通だと思います。

ただし、生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラを趣味として検討みるチャンスです。

カメラそのものが好き

実はこの私、男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのような道具としての要素を持つカメラは、ちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

そして、独特のルックスはメカニカルな雰囲気を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラなのです。私も、そんなカメラの魅力に惹かれのが、趣味としてカメラを手にすることになった理由です。

カメラで写す現実と理想

そんなわけで、私たちは様々な理由によりカメラを持ち歩くことになりますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で写真が仕上がることも勿論ありますが、そう多くはないことに直ぐ気づくことでしょう。

理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを客観的に映し出してくれます。

カメラ初心者ならではの実感かもしれませんが、理想との距離がどれだけあってドコまで近づけるかが想像できることは、自由な時間を楽しむための道標となることでしょう。

望む場面、求めたいモノなど、自分が次にどちらの方向へ進むべきかを知ることは大事なことです。

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな個人利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生をドラマティックに

人は人生の節目にカメラを手に取ります。

そして、カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。
美しさに感動する時間を過ごしたい。
カメラは私たちをそんなライフスタイルへ誘ってくれることでしょう。

趣味としてカメラを選ぶことは、自分のライフスタイルを見つめ直し理想を追い続けることに繋がります。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツールであると言えるでしょう。

明るいレンズで秋の甘い味覚を撮る

秋という季節はあっという間に過ぎ去ってしまうように感じます。

カメラの趣味には最も相応しい時期でもありますが、外へカメラを持ち出すタイミングも普段から慣れていないとなかなか難しいものです。

今回はそんな秋に食べれる美味しいものを写真に撮ることにしました。取り上げてみたのは果物の柿と栗が入ったロールケーキです。

艶が美しい柿の果肉

柿をかじった時に気が付いたのですが、種の周りにあるゼリー状の部分が透明感があって瑞々しく見えます。今回はそんな柿の果肉にピントを合わせてみました。

皮をむいたカキ

果物ナイフで切ってみたらあのゼリー状の部分がないものでした(がっかり…)。
結構上手に撮れたと思いますがうまくフォーカスできないと次のようになります。

ピント合わせが難しい被写体

手前の大きいものにピントを合わせたつもりが手前の角がボケてしまってました。

少量の柿

写真撮っているうちに食べたくなったというのが正直なところでしょうか。一切れを横に撮ってみると表面のみずみずしさが撮れました。

これは種がない柿でしたが、例のゼリー状の部分を撮ることはすっかり忘れています。

外がふわふわ中がしっとりロールケーキ

※こちらの画像は昨年の記事からです

栗味のロールケーキ

続いては、栗のロールケーキです。

できれば栗を拾ってきて撮りたかったのですが、チャンスがありませんでした。

まずは周りの「ふわふわ」した感じを写してみます。

ロールケーキの中身

もう少しゴロゴロした栗が入っているのかと思ったら期待しすぎでした。
こちらは、もとから平らな表面を斜めに写していますが写真って、凹凸や丸みのあるもののほうが見栄えが良いことに気づいたところです。

甘いものは美しい?

胡桃に囲まれたDM1S

記事のテーマは、秋の甘い味覚でしたが秋のものに限らず甘いものには艶や透明感があるものが多いように思います。

ケーキやお菓子などは人の手によって作りこまれたものですが、果物の果肉に見る透明感は他に類を見ないものを感じます。

撮影には、20mmf1.7のレンズに以前記事にしたクローズアップレンズを使用しています。

参照:クローズアップレンズで近接撮影【20mm / F1.7 II ASPH.にMARUMI_MC+3】

明るいレンズは果物の透明感を引き立ててくれ、クローズアップレンズはコンデジやスマホカメラでは出せない極端なボケを演出しています。

過ごしやすい秋の季節はぜひ外へカメラを持ち出したいものですが、都合がつかない場合にはこうした食欲の秋へレンズを向けてみる楽しみ方も良いかもしれません。

晴天の空のもとに明かりを灯す照明器具

このブログもそうですが、Webにアップロードする文章を書くときにはコーヒー店を使うことが多いです。

作業に飽きてふと上を見ると青空をバックに明かりを灯す照明器具がとても美しく見えました。

屋内で青空に映える照明

晴天の街中や日の明かりが差し込む屋内で照明器具が点灯しているのは、お洒落な雰囲気を味わえますが、どことなく勿体ない感じを受けます。

コーヒー店の青空

店内の青空に似合う灯り

青空のもとに輝く明かりは、とても背景にマッチしていて美しさを感じるものですが、それは今この時代にとって本来の目的を逸脱して灯されることにより人を魅了する「禁断の果実」的な存在なのかもしれません。

コーヒー屋さんに限らず、こうしたおしゃれの為の照明はいたるところに存在するのが事実です。

街中で日中に明かりを灯す外灯

駅の通路の外灯

JRの駅の通路でも昼間から点灯している灯りを見つけました。

この照明器具は周囲を照らすことよりアート的な効果を狙っているものと思われます。

周りを見えやすくすることが目的ではなく、灯り自身が見栄えが良く仕上がているというのも正直良いようですが、もったいない場所で電力を消費しているように感じます。

早めに点いてしまった街灯

早めに点いた街灯

歩道を照らす外灯の点灯方式に統一の規格などないと思いますが、このように早めに点灯してしまう外灯は自動点滅器が故障しているか、何かで日の光が遮断されているかでしょう。

場合によってはタイマーが狂ってしまったとかも考えられます。

夜の点灯中の街灯

こちらは夜の時間に正常に点灯している外灯ですが、周囲を照らす機能にも優れ、なおかつデザインや灯りの質も良い外灯が見ていて安心できます(3つのうち一つ色違いが混じってますね)。

照明器具によっては、青空のもとでも灯りが映えるものがありますが、そんな昼の灯り達を見つめていると、昼から積極的に照明を使う趣向も昨今ではあまり喜ばしいものではなくなってきているのかなと考えさせられるものです。

感じ方は人それぞれですが、近年の電力事情を考えれば純粋にクリーンな過程を経て作り出される電力は極わずかであって、来る次世代のことを考えると明るいところで灯される照明は今後なんらかの制約がされる対象となるのではと言ったら心配しすぎでしょうか。

こうして青空に生える照明の明かりは今後も約束されてたものではないのかもしれません。

スマホのカメラに不満があるとすれば

カメラを持ち歩いているときでも、場合によってはスマホで写真を撮ることがあります。

カメラを趣味にしていますがスマートフォンに搭載されているカメラは性能が良く便利なことを素直に認めている側に属しています。

スマホカメラのここがイマイチ

便利なスマホのカメラですが、「ここまで便利ならこうして欲しかった」、あるいは、「その形ゆえの扱いづらさがある」といった不満が残る部分があるのは否めないところでしょう。

もっと広角に写したい

スマホカメラのレンズ

これは、zenfoneを使うようになってから特に感じるようになったことですが、外食の際に美味しい食事を撮影したいときなどミラーレスやコンデジよりもスマホのカメラを使った方が周りを気にせずさりげなく撮れます。

最近ではSNSにアップする人なども多い中、スマホなら特に目立った行為ではありませんが、標準の画角が狭いとカメラを起動させたスマホはテーブルから距離を置かないと被写体である食卓が画面に入りきれなくなります。

極端な例をあげれば、テーブルを広く写すには席から立ち上がる必要があるでしょう。

逆に、スマホカメラはデジタルズームに優れているので、できればスマホカメラは広角よりのレンズを搭載して欲しいものですがレンズの大きさや本体の厚みを考えると無理があるのかも知れません。

その形ゆえに扱いづらい場面

コーヒーカップを撮る場面

手に持った物を撮影するときや、片手で何かを押さえながら撮影するときスマホカメラは不向きです。

一般にスマホのカメラは音量ボタンにシャッターを割り当てていたりしますが、これは慣れていないと結構ブレます。

だからといって、片手で画面をタップしてシャッターを切るのも難しいものです。

また、明るさを合わせたい部分の画面をタッチする際も両手でなければ上手く行きません。片手でスマホを持つときに無理にホールドしようとすると画面の予期しない部分でタッチパネルが反応してしまいカメラアプリが想定外の動作をすることになります。

これは小さな電話付きタブレットPCにカメラ機能を搭載したことにより得られた利便性と引き替えになり発生した不便な部分とも言えます。

こうした意味では昨今のスマホのデカさには疑問を持ちます。モニタが見やすけりゃ良いってものでもないでしょう。

自撮り用レンズは不要

スマホの自撮り用レンズ

これは、不便と言うより特に要らないと感じる部分ですが、スマホについている自撮り用のレンズを使用したことがありません。

逆に、操作を誤ったときに自分の顔が画面に写ると「おかしな気分」なので正直自撮りは要らない機能です。

ただ、この先「顔認証」や「虹彩」認証などでは画面の上に位置するレンズが必須になってくることでしょう。

ならば、カメラアプリで自撮りモードに切り替わるボタンを非表示可能な設定にでもしてほしいものです。

だいぶ少数の意見かもしれませんが、「言われてみれば・・」と思う方も多いのではないかと考えますがいかがでしょう?