カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

スマホのカメラに不満があるとすれば

カメラを持ち歩いているときでも、場合によってはスマホで写真を撮ることがあります。

カメラを趣味にしていますがスマートフォンに搭載されているカメラは性能が良く便利なことを素直に認めている側に属しています。

スマホカメラのここがイマイチ

便利なスマホのカメラですが、「ここまで便利ならこうして欲しかった」、あるいは、「その形ゆえの扱いづらさがある」といった不満が残る部分があるのは否めないところでしょう。

もっと広角に写したい

スマホカメラのレンズ

これは、zenfoneを使うようになってから特に感じるようになったことですが、外食の際に美味しい食事を撮影したいときなどミラーレスやコンデジよりもスマホのカメラを使った方が周りを気にせずさりげなく撮れます。

最近ではSNSにアップする人なども多い中、スマホなら特に目立った行為ではありませんが、標準の画角が狭いとカメラを起動させたスマホはテーブルから距離を置かないと被写体である食卓が画面に入りきれなくなります。

極端な例をあげれば、テーブルを広く写すには席から立ち上がる必要があるでしょう。

逆に、スマホカメラはデジタルズームに優れているので、できればスマホカメラは広角よりのレンズを搭載して欲しいものですがレンズの大きさや本体の厚みを考えると無理があるのかも知れません。

その形ゆえに扱いづらい場面

コーヒーカップを撮る場面

手に持った物を撮影するときや、片手で何かを押さえながら撮影するときスマホカメラは不向きです。

一般にスマホのカメラは音量ボタンにシャッターを割り当てていたりしますが、これは慣れていないと結構ブレます。

だからといって、片手で画面をタップしてシャッターを切るのも難しいものです。

また、明るさを合わせたい部分の画面をタッチする際も両手でなければ上手く行きません。片手でスマホを持つときに無理にホールドしようとすると画面の予期しない部分でタッチパネルが反応してしまいカメラアプリが想定外の動作をすることになります。

これは小さな電話付きタブレットPCにカメラ機能を搭載したことにより得られた利便性と引き替えになり発生した不便な部分とも言えます。

こうした意味では昨今のスマホのデカさには疑問を持ちます。モニタが見やすけりゃ良いってものでもないでしょう。

自撮り用レンズは不要

スマホの自撮り用レンズ

これは、不便と言うより特に要らないと感じる部分ですが、スマホについている自撮り用のレンズを使用したことがありません。

逆に、操作を誤ったときに自分の顔が画面に写ると「おかしな気分」なので正直自撮りは要らない機能です。

ただ、この先「顔認証」や「虹彩」認証などでは画面の上に位置するレンズが必須になってくることでしょう。

ならば、カメラアプリで自撮りモードに切り替わるボタンを非表示可能な設定にでもしてほしいものです。

だいぶ少数の意見かもしれませんが、「言われてみれば・・」と思う方も多いのではないかと考えますがいかがでしょう?

杜の都でアンパンマンを探せ【仙台駅東口】

多くの人が通り過ぎる仙台駅の東口にこっそりと立つアンパンマンの石像があります。

地元仙台の人には、もうお馴染みなこととは思いますが、私のようにたまにしかお目にかからない者にとっては絶好の街角被写体です。
観光で訪れた方にもささやかな見どころではないでしょうか。

愛機のミラーレスDMC-GM1Sを手にアンパンマンの写真を撮りに出かけてきました。

駅の東口にアンパンマンの石像

アンパンマンの石像だけが目当ての場合、駅の西口から東口へ抜ける2階の通路をでたところに1体あるので見つけるのは簡単です。

杜の都でアンパンマンが人気

これは、今まであまり気づかなかったので駅ビルの改装が済んだあたりの次期に立てられたものではないかと思います。

石でできたアンパンマン増

この日は日曜日、一番の目的がアンパンマン撮影でしたので、朝の7時半ころに人の流れが一時的に途切れる瞬間を狙って撮影することに決めました。ですが、これがなかなかうまく行きません。

まず、東口の外側を向いて立つアンパンマンの直ぐ後ろには円形のベンチがあってオジサンが一人座っていました。

石像の後ろなので、うまく陰になって写らないようにとカメラを構えたところで気づかれてしまい。
気を使われたようでベンチを立って何処かへいってしまいました。

申し訳ない気持ちで、シャッターを押し更にもう一枚と思ったときに「あんぱんまーん!」の声と同時に駆け寄る小さな子供と、「ちょっとまって順番があるんだよ」と我が子に声をかける親の姿。

子供同士なら確かに順番はあるけど、写真撮ってる自分は大人なのでここでは無条件にアンパンマンを譲る必要があるようです。

その場に到着後わずかの時間、しかも朝からこの調子ですのでもう一度だけシャッターを押しその場を離れたというのが上の2枚でした。

杜の都のアンパンマンは想定外の人気者のようです。

街角に立つ「ゆかいな仲間たち」

石像の設置場所を地図にしてみました。

街角にある、アニメやマンガのキャラクター像といえば、新潟市の古町にあるドカベンのキャラクター像がありましたが、仙台駅東口近辺にあるアンパンマンのキャラクターは皆直立で整然と立っています。

信号を渡った先にもアンパンマン

駅をでたところの他にも、東口から信号を渡った先のファーストフード店の向かいにもアンパンマンがいました。

カレーパンマンの石像

さらに進むとカレーパンマン。ここはコーヒー屋の近くです。

コーヒー屋のまどから

マグカップとカメラの間の奥に見えるのがカレーパンマン

コーヒー屋さんの窓からもカレーパンマンが見えます。

バイキンマンの石像

もう一つ信号を渡って右に進んだところにバイキンマンがいました。

この道はアンパンマンミュージアムへ

ショクパンマンからは日を改めてコンデジ(サイバーショット)で撮影しています。

ショクパンマン

バイキンマンがあった交差点を北方向へ進むとコンビニ(ローソン)の前にはショクパンマンがいます。

この道をさらに北へ向かうと「アンパンマンミュージアム」があるらしいです。

ドキンチャン

ショクパンマンから少し進んだ先にはドキンチャンがいました。

メロンパンナチャン

その後さらに直進した「二十人町西交差点」(にじゅうにんまちにしと読むらしい)の手前にはメロンパンナチャン。

※ショクパンマンからこのメロンパンナチャンの3体がサイバーショットDSC-WX200での撮影です。

ここの交差点を過ぎたところに、またアンパンマンが居ますがもうその場所から「アンパンマンミュージアム」が見えます。

夜も人気なアンパンマン

夜のアンパンマン像

石でできたアンパンマンは子供の人気者にしてはクールなイメージが強いですが、子供を引きつける魅力は充分にあるようです。

アンパンマンは夜でも人気

この日、帰り際にも一枚撮影しようと考え朝と同じく東口へ行ってみると、やはりカメラを構えた瞬間に「あっ、アンパンマン!」という叫びとともに子供が姿を現し、それを追う親が出てきます。

駅のアンパンマンは撮影にコツと時間が要りそうです。

駅の風景とDMC-GM1Sカメラ

このように、子供と「追いかけっこ」のような場面もあった今回の街撮りでしたが、夏の暑い季節にカメラを持ち出していなかったこともあって久しぶりのカメラ遊びは楽しいものでした。

撮りたいモノを写した後に、お気に入りのカメラを手にしてホッとする瞬間はカメラそのものが趣味の自分にとって非常に心地が良い時間です。

 

 

独特のデザインを誇った小さなカメラ【SONY:Cyber-shot_DSC-U20】

Cyber-shot_DSC-U20が発売された当時、ソニーのデジタルカメラは上位モデルもこのU20と似たようなゴッテリとした横長左右非対称なデザインで統一されていったと記憶しています。

その中でもDSC-U20は他のメーカーのデジカメと比較して群を抜いたコンパクトさで、しかも液晶モニタ付きとガジェット好きには魅力的な製品でした。

今でも斬新なデザインのDSC-U20

私がこのCyber-shot_DSC-U20というカメラを手に入れたのは、生産終了後だいぶ経ってからでした。

それだけ時間が経過してからもデザイン的に魅力を感じたデジカメだというわけです。

シルバーのDSC-U20
本体は小さいのに故意に厚みを持たせたデザインのカメラというのはこのサイバーショット以外にあまり見かけません。

レンズを上向きに置いたところ

正面にはCyber-shotのロゴ

小さい液晶モニタ

今では小さすぎるモニタ

シャッターボタン付近

シャッターボタン周り

カメラの本体底面

本体底には型番等の記載

ストラップホール

電池蓋側にはストラップホールも

向きを変えて正面から見たDSC-U20

レンズカバーの先端側に丸みを帯びたデザインに某傑作SF映画に登場するR2-D2を連想してしまうのは私だけでしょうか。

このDSC-U20が持つ独特のデザインは発売当時何処か近未来的な物を感じたものです。当然、メーカー側でもそういった意図を持っていたことでしょう。

乾電池式のデジタルカメラ

電池蓋を開けたところ

Ni-MHの記載

電池蓋を開けるとNi-MHの表示があります。 手前にはメモリースティック用のスロットがあります。

MSとニッケル水素電池
メモリースティックはDuoではなく大きいサイズのががそのまま入るタイプでした。

もう何年か経つと(あるいは今の時代すでに)旧式、或いはアンティーク的なカメラといった存在になりそうなメモリースティック搭載デジカメですが、カメラ本体もそうですが、MS対応のカードリーダーも何時まで手に入るか心配しておいた方が良さそうではあります。

DSC-U20にはminiBタイプのUSBジャックが付いていますが、これも衰退しつつある規格であるのは事実ですね。

大きなカメラと比較

EOS_Kiss_Digital_NとDSC-U20

前回の記事に登場したCanonのAPS-C機EOS_Kiss_Digital_Nと大きさを比較してみるとご覧の通り親子というより、Cyber-shot_DSC-U20のほうはカメラに見えません。

PC用マウスと比較
一眼レフとの比較では、あまりコンパクトさが伝わりにくそうでしたので、パソコン用のマウスとも並べてみました。

Cyber-shot_DSC-U20の高さがマウスの高さとそれほど違いません。なんだか、大きいマウスを並べたようにも見えますがDSC-U20は小さいカメラです。

実際に撮影してみる

EOS_Kiss_Digital_Nを撮った画像

DSC-U20で写したEOS_Kiss_Digital_N

また同じカメラを対象にしてしまったのは芸がないところですが、ご勘弁ください。

全体的に白っぽく見えるのは、レンズかセンサー曇りが生じたせいかもしれませんが、玄人ではないので判別がつきません。

コンデジも大事にしたかったら防湿庫が必要なのでしょうか。やや悩むところです。 もっとも昔のデジカメはこんな写り方だったような気がしないでもありません。

現在、各社から出ているコンパクトデジカメは一部のアウトドア系や現場系を除いて、どれも似たようなデザインではあります。

このSONY_Cyber-shot_DSC-U20のようなデザインのカメラを、たまに思い出したようにラインナップしてもらえると遊び心があって楽しめるように思いますがいかがでしょう。