コンデジで桜を撮影【DSC-WX350】

趣味の範囲と言えど桜の花を撮るときは時間をかけて楽しみながら撮影したいものです。

しかし、雇われの身としては桜の開花時期になかなか休みが取れないことがあるのも事実です。まさに、そんな状況で迎えたソメイヨシノの開花ですが最近入手したSONYのDSC-WX350片手に近くの桜を撮ってきました。

朝に撮影した桜

カメラを持って出かけた場所は、自宅から歩いて数分の場所にある川沿いの桜並木。

大きな桜の木へ差し込む朝日

わざわざ朝に撮ったと書いているのには少々事情がありますがあとで説明させていただきます。

晴天の日に満開の桜はその場に居続けたい気分にさせてくれます。

桜の花を接写してみる

桜の花近影

近くで見る枝先の桜の花は、丸みを帯びた薄いピンクの集合体です。

枝先を覆う桜の花

一つ一つの花が色合いは勿論、形も整っていて、これらの花が枝を覆い尽くしてほぼ花しか見えない状態をつくっています。

これが、桜の花の大きな特徴でしょう。

桜を被写体にしたときにつきまとう事実

桜の花は下向きに咲いていますが、日の光は桜の木の上方向から注がれます。
なんとか真横といかないものかとも思いますが現実は甘くありません。

真下から綺麗に撮れた桜

枝に咲き誇る桜の花は夜間に下方向からライトアップされた場合をのぞきほぼ日陰から逆光になる姿勢で撮影する事になるのです。

樹齢にもよると思いますがこれが桜を綺麗に撮りたいと思ったときにつきまとう事実であります。

山に残る雪と桜の花

山を背景にした桜の木

この場所で花を大きく撮り背景に山を入れる

桜の咲く季節だけど山には雪が残っているよという写真を撮りたくて工夫してみた画像です。

雪が残る山と桜の花

花が自分の目線より高い位置になるのでモニタを確認しながらというのが難しい体制での撮影になります。

花を大きく撮った画像

花との距離が遠すぎたり近すぎたりで上手くいきませんが、近くによると花が綺麗に写せます。

日が傾き始めた時間に撮った桜

夕方に撮った桜

実は、以降の画像の方が先に撮った写真でしたが、夕方に桜を撮りに出かけたところ、どうにも桜が夕日色に見えてしまっています。

夕日を帯びた桜

夕日を帯びた桜の花びら

薄い夕焼けに染まる桜

カメラもコンデジなので絞りやシャッタースピードなどの調整(可能かすら不明)がいまいち分かりません。

フットワークを軽くするコンデジ

カメラを趣味にする者としては、写真を撮りに出かける際は最低でもミラーレス一眼を持って出かけたいところです。

しかし、桜の開花時期のようにこの時を逃してはならないといった場面を逃さないよう。常にコンデジもバッテリーを満タンにしておくことも大事ですね。

満開の桜とDSC-WX350コンデジ

SONYのデジタルカメラCyber-shot_DSC-WX350

今回は、DSC-WX350のおかげで綺麗な桜を撮影することが出来ました。

お気に入りカメラの手入れも大事ですが、サブ機のチェックも日頃から怠らないようにしたいものです。

カメラを趣味にしている以上、これから先も桜が咲く頃にはきっと同じような写真を何枚も撮ってしまうことでしょう。

LUMIX_G_ASPH20mmF1.7を使ったイルミネーション撮り

明るいレンズ「LUMIX_G_ASPH20mmF1.7」(35mm換算で40mmの単焦点レンズ)を使って撮影したイルミネーション画像です

F1.7の明るいレンズでイルミネーションを撮る

F1.7の明るいレンズを使って写したイルミネーション

以前にも同じ場所でOLYMPUSのマイクロフォーサーズ17mmF2.8を使って撮影したところ光量が少なく感じたので20mmF1.7で撮り直してみたものです。

肝心の明かりが生えなかったイルミネーション

対象にしたイルミネーションは仙台光のページェント。

前回の記事がこちらです。

photo.danman.jp

ミラーレス一眼カメラを使い始めの頃でしたので、絞りやシャッタースピードなどは気にしないで撮っていました。

せっかくのイルミネーションが華やかに写せていません。

この記事を投稿してから、他の人が撮った夜景画像などを見てイルミネーションはもっと明かりを強調してとるものなんだと理解したというわけです。

スポンサーリンク
 

H-H020Aで写す光のページェント

仙台光のページェント20mmF1.7

20mmF1.7 1/30 ISO3200

光のページェント中央付近

20mmF1.7 1/60秒 ISO2500

三脚を持ちむ人が多いわけを知る

冬の寒空の下、一通り写真を撮り終えて引き揚げて画像を確認してみましたが、ネットや出版物で見かけるプロが撮ったイルミネーションと自分の写真には違いがありすぎました。

歩道から写した光のページェント

1/40秒 ISO3200

明るさやレンズだけではなく、カメラの設定機能をフルに使い切り三脚でカメラ本体をがっちり固定して写真を撮ることで夜の明かりが一段生えるようです。

自分はというと、カメラは好きですが大勢の人が往来する冬の風物詩の中に堂々と三脚を持ち込むほどの情熱もセンスも未だ備わってはおりません。

まずはカメラ機能を屈指できるよう手持ちでもう少し頑張ってみようと考えているところです。

ビジネスホテルの窓から写す新潟駅の風景

出張の時に朝日が差し込むビジホの部屋から撮影した風景です。

場所は新潟駅の北口近辺にあるホテルである程度上の階でしたので南口の方まで見渡すことができ、とても良い眺めでした。窓ガラス越しでしたがAFも利いて問題なく撮影できています。

駅前のビジホで迎える朝

場所は北口の駅前にあるビジネスホテルです。

正面に山が見えるので南東向きの窓かなと思いますが、よその町では方角がいまいち掴めません。

朝の新潟駅

こんなときには、広角レンズが欲しくなるものですね。

この日は、いつも通りH-H020A(20mmf1.7)を付けての撮影です。

外を写すときにきに気になる窓の汚れ

汚れが目だつ窓越しに撮影

画像では分かりづらいですが窓が少し汚れていました。

ホテルの窓は汚れていて当たり前くらいのものですが、若干ながら画質に影響はあるでしょう。右下の点状のものは汚れが映り込んだものかもしれません。

新潟駅の夜

少し角度が違いますが、同じ場所を前の日の夜に撮影したものです。

カメラの機能を使えば明るく写せたりできるのですが、この時はカメラを出すのも精一杯の疲労加減でしたので仕方がありませんでした。

若干のゴーストはご愛敬

中央の明るい部分はゴースト

この写真は左側の光が朝日によるもので、中央の小さいな点はゴーストです。

スマホやコンデジでの撮影では滅多に写らないものなので、これも趣味レベルの撮影ではやや楽しめるものでもあります。

今回の宿泊先での窓からの景色は、これから仕事に出かける前の時間でしたのでただ漠然とシャッターを切ってしまった感が否めません。

そういう意味では、カメラを中心に楽しむプライベートな旅っていうのは意外と楽しいものではないかなと思ったりします。