LUMIX_GM1Sのシャッタースピード設定

所有しているPanasonic製ミラーレス一眼カメラ「LUMIX_DMC-GM1S」での撮影時にシャッタースピードを調整する方法について確認してみました

暗い場所での撮影や夜景を撮るときなど意識的に光量を上げたいときに便利な設定です。

絞りとシャッタースピードの設定

DMC-GM1Sではシャッタースピードを調整する際に、併せて「シャッター方式」の設定をを電子シャッター方式から電子先幕方式に変更しておく必要があります。

電子シャッター方式でシャッタースピードを調整を行おうとしても1秒より長い時間へ設定できない仕様になっています。

モードダイヤルの設定

ダイヤルをMに合わせる

シャッタースピードを自分で調整するためにはカメラ上部にあるダイヤルをMに合わせます。

シャッター方式の変更

シャッター方式の変更画面

シャッター方式が「電子シャッター方式」になっている場合は次の操作により変更します。

逆に明るい場所でシャッタースピードを上げたい(早くしたい)設定をする場合は電子シャッター方式を使用しすれば最大1/6000秒までシャッタースピードを上げることが可能です。

コントロールダイヤルの中央にある「MENU」ボタンを押しカメラ設定の7画面のうちの4番目の画面(4/7)で一番下のシャッター方式の設定で「電子先幕方式」へ変更します。

シャッタースピードの変更

コントロールダイヤルの下にあるQMENUボタンを押すことでシャッタースピードと絞り(F値)の変更が可能になります。

ダイヤルボタンの左右を押すごとにシャッタースピード調整と絞りを含めた数種類の調整が切り替わります。

シャッター方式の変更画面

シャッタースピードの設定は調整用のレベルで左方向へ数値を上げていくとシャッタースピードが遅くなり、右方向へ数値を上げていくと早くなります。

左側の数値に振られた「”」(ダブルクォーテーション)は秒の単位を意味します。

レベルの1秒より左側にある2”は2秒の意味で、右側にある2は1/2秒を表しています。

スポンサーリンク
 

絞りの設定

絞り(F値)の設定は数値を下げていくことで明るくなります。

画像では白字で1.7となっている数字がF値。

シャッタースピードを遅くして撮影する時間を長くしたいときはF値を上げて絞り気味にします。

ISO感度

 設定画面の下にある「AUTO」のところはISOの設定ですが、良く撮れたイルミネーション画像では2500や3200の数字になっていました。

イルミネーションを明るく撮る

今回の方法でシャッタースピードをマニュアルで変更し撮影したイルミネーションの画像です。

イルミネーションの撮影

シャッタースピード3/5秒

レンズは14mmF2.5を使用しての撮影です。

この程度だと電子シャッター方式の範囲でも調整が可能です。

動く車や列車の撮影

新幹線の画像

20mm F16 4秒 ISO3200

シャッタースピードを遅くして撮影した新幹線です。

交差点を通過する自動車

20mm F16 6秒 ISO3200

列車と同じように車のヘッドライトも線を描くように撮影できます。

このように夜間の撮影などにはシャッタースピードを長く設定すると明かりを際立たせる効果が得られました。

逆に、明るい場所でシャッタースピードを短く設定すると普段肉眼では見れない面白い瞬間を撮ることが可能になるようです。

こうしたシャッタースピードを自分で選んだ撮影が上手くできるようになれば、徐々にカメラ初心者から脱却できるのではと思えてきたところです。

ちょい広角LUMIX_G【14mm/F2.5 ASPH.H-H014】

カメラを街に持ち出したとき、常用の20mmF1.7だともう少し広く写したいという場面に出くわすことがしばしばありました。

そこで20mmよりちょっとだけ広く写せる14mmのレンズを試してみることにします。

14mmF2.5広角パンケーキ

できれば思い切って超広角レンズに手を出したかったのですが、最新型のカメラ本体が購入できてしまう値段です。

悩んだ末にチョイスしたのが、中古で価格が手ごろなPanasonicの14mm/F2.5 ASPH.H-H014。

Panasonicの単焦点14mm

手持ちのH-H020Aが評判の良いレンズで、これの14mm版なら間違いないレンズだろうと見込んだわけです。

F値が2.5なので20mmF1.7ほど明るくはありませんが気持ち広く写せることになりそうです。

GM1への装着感

早速GM1Sに14mmF2.5を装着してみました。

H-H014レンズを装着したGM1S

キットレンズと変わらない大きさの14mmF2.5

H-H020A

H-H020Aだとレンズが大きい

20mmF1.7のゴロゴロとした印象に比べると小さく収まってしまっています。

若干軽く持ち歩きやすくなりましたがレンズの存在感はありません。

安価に風景を広く写したいスタイルがこれなので、まずは試し撮りに使ってみることにします

スポンサーリンク
 

マイクロフォーサーズの14mmの広角具合

この14mmF2.5は35mm換算での焦点距離は28mmなのでぎりぎり広角と呼べるレンズですが、実際に撮れる画像はどんなものなのでしょう。

街撮り画像20mmF1.7

20㎜_H-H020A

街撮り画像14mmF2.5

14mmで撮影した画像

今までの20mmとは6mmしか差がありませんが、まあまあ広く写せているかなといった感想です。

試し撮りとしては嬉しいことに右端に窓枠まで写り込んでしまってました。

14mmと20mmを並べた画像

左の20mmは前玉が大きい

こうして14mmを新たに入手したものの、20mmF1.7の明るさはやはり捨てがたいものです。

今まで通り常用のレンズとしては20mmの単焦点を使い、14mmF2.5は小さく軽いので、広めに写したいとき用にバッグの隅に忍ばせておく使い方かなと思います。

マイクロフォーサーズのパンケーキは小さく軽く並のレンズとは比較にならないほど持ち運びが気になりません。

このPanasonicのH-H014でまだ狭いと感じるようになれば、その時は仕方がありませんので上位の超広角レンズに手を出すことを検討することにします。

ちなみに現行の単焦点14mmの型番はH-H014Aとなっていて20mmと同じくシルバーも選べるようです。

シルバーだと色もサイズもオリンパスの17mmF2.8に似ている感じでしょうか。

auの携帯電話用カメラ「パシャパ2」

携帯電話にカメラが搭載されていなかった頃、外付けのカメラというのが存在しました。

auからオプション品として販売されていたPashapa2もそうしたカメラの一つです。

PashaPa2本体

このPashaPa2は単体で使用が可能で、撮影した画像をフューチャーフォン(ガラケー)で見ることができるというもので、当時としては画期的な商品でした。

パシャパ2本体

名前の通りパシャパ2がでる以前に初代パシャパというのが存在していて、パシャパ2より丸みのあってスケルトンケースを採用した小型のカメラでした。

画質は、初代もパシャパ2もそれなりといったところです。

仕組みと使い方

キャップを取ったPashapa2

PashaPa2の正面には中央にレンズとフラッシュがついていて、側面のキャップを外すとがらけーとの接続端子が備えられています。

電源スイッチとシャッターボタンの位置

上部にはスイッチとシャッターボタンがあります。

スイッチは中央にしたときにフラッシュが使える仕組みです。

赤く点灯するスイッチ

赤く点滅しているのがスイッチ

電源スイッチを入れるとしばらく埋め込みのLEDが赤く点滅します。

スポンサーリンク
 

この点滅が落ち着いた後にシャッターボタンを押して撮影という手順かと思われますが、何分昔のものなので説明書などなく定かではありません。

単四電池を使用

電源は単四乾電池

肝心の携帯への画像転送も、使えるガラケーが当時ものに限られるのか、スマホ世代直前のモデルでは転送メニューらしきものが確認できませんでした。

昔の画像データは残っていると思われますが、何を写したかは全く覚えていません。

古いau携帯を入手できる機会があったらデータ転送を試してみたいです。

その後、画像の取り込みに成功しました。