カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

独特のデザインを誇った小さなカメラ【SONY:Cyber-shot_DSC-U20】

Cyber-shot_DSC-U20が発売された当時、ソニーのデジタルカメラは上位モデルもこのU20と似たようなデザインで統一されていったと記憶している。DSC-U20は他のメーカーのデジカメと比較しても群を抜いたコンパクトさで、しかも液晶モニタ付きとガジェット好き…

一眼レフとミラーレス機のサイズ感を比較【EOS_Kiss_Digital_N】

メインで使うカメラはミラーレスと決めています。ただ、APS-C機やフルサイズ一眼レフというのが実際に使ってみるとどうなのか知らないのは事実。気になるボディーサイズの違いを実感するため一眼レフのジャンク品(実際に購入したのはEOS_Kiss_Digital_N)を…

こんな時にはコンデジが欲しい【スマホ持っててもカメラが必要な場面】

最近はスマホの普及によりコンパクトデジタルカメラの販売数が減っているそうですが、特にスペックの低いコンデジについては写真の撮影はスマホで事足りてしまうのは明らかです。しかし、コンデジも機能的には写真の撮影だけに特化したものであり必要とされ…

オールドレンズの見た目が格好良い【マイクロフォーサーズにOMマウント】

とある中古品店のジャンク売場で見つけた古いレンズが、まわりのレンズに比べ存在感が際だって見えます。このレンズの正体はOMレンズだったのですが、ジャンクにしては程度もよく格好良いレンズなので私的にはアルバイト店員が良品とジャンクの区別が付かず…

OLYMPUS_E-PM2をサブ機として気兼ねなく持ち歩く

通勤途中でもカメラを持ち歩きたい、メイン機だと気軽に持ち歩けない場面がある。多少粗雑に扱っても良い中古のカメラが欲しい。そんな理由から手に入れたOLYMPUSのE-PM2でしたが、これが意外に気に入ってしまいました。販売が終了してしばらく経ちますが今…

駅を出発し緩やかに加速する夜の新幹線が美しい

窓から薄暗い線路をぼんやり眺めている夜のひと時、目の前を淡い光を放つ新幹線が緩やかに加速しながら通り過ぎていく。そんな場面が何度も繰り返されたなら思わずカメラを構えてしまうことでしょう。そんな普通であって珍しい光景、駅を出発し走り去ってい…

一本の桜だけをただ撮り続ける至高の時間

駅前の交差点に一本だけポツンと立っている桜の木が満開だった。人通りが多い駅前に桜の木があるのは珍しいこと、新年度を迎え気持ちを新たにそれぞれの場所へと向かう人たちの中に大胆かつひっそりと咲き誇る桜の花に向かいシャッターを押していると気持ち…

お気に入りカメラの普段使い設定【DMC -GM1S】

LUMIX DMC-GM1Sはマイクロフォーサーズという規格ながらも画質での評判はなかなかのようですが、カメラ素人が一から操作するとなると説明書をじっくり読むなりカメラの基礎知識の習得が必要なようです。しかし、お気に入りの新しいカメラを手にしたら直感で…

駅のホームは気分良くシャッターを押しづらい場所【停車中の新幹線を撮る】

新幹線の車両は近くで見ると結構きれいなものです。そんな新幹線をいざ写真に撮ろうとすると走行中の車両はもちろん停車中でも、なかなか満足にシャッターを押せる場面に出会えないことに気づきます。そうした趣味のカメラに立ちはだかる壁はいったい何なの…

真冬の夜に駅前で降り始めた雪を写す

駅前と言えば何処でも他の場所に比べ照明が豊富で明るく照されているのが特徴です。今回は、そんな駅前の夜景を写真に撮ってみます。少しずつ時間をおきながら駅の広場付近にレンズを向けていると雪が降りだしてきました。程よい間隔で配置される街灯の灯り…

LUMIXの望遠電動ズームレンズH-PS45175がメカニカルでカッコイイ【マイクロフォーサーズ45-175mm】

LUMIX_DMC-GM1SKのキットレンズとして手に入れたH-PS45175-Sですが、この製品はカメラに機械としての魅力を感じる者にとって正にうってつけの望遠ズームレンズ。アナログ感を意識しない斬新なデザインは、そのサイズからも余計なものを切り捨てた潔さとメカ…

ミラーレスカメラにはネックストラップよりハンドストラップが良いと考える理由

ミラーレス一眼を手に入れてからカメラには常時ネックストラップをつけていました。街を歩く際などストラップについて多々思う事がありましたが、ここに来て気になりだしたのがバッグに入れて持ち運んでいるとき、ここの景色がいいなぁと、カメラを取り出す…

大衆が群がる冬の風物詩『SENDAI光のページェント』をザックリ写真に撮る

皆がこぞって撮るものに手を出したところで果たして何か成果のようなものを得られるのだろうか。そんな遠慮がちな気分を払拭してくれるほどの盛大さを魅せてくれるのが「仙台光のページェント」です。見どころが満載であろう大規模イルミネーションをザック…

クリスマスという場面にカメラを向けてみる【趣味で写すXmasシーズン】

生活の中でカメラという趣味を楽しむ時に季節というくくりに従い写真を撮り進めていくことは、ある意味基本的な流れであるといえるでしょう。冬のクリスマスもこの時期にしかない被写体が溢れる時であり、この季節ならではのモノや風景にレンズを向けて見る…

冬のイルミネーションを写真に撮ってきた【JR郡山駅西口:ビッグツリーページェント・フェスタinKORIYAMA】

JR郡山駅の西口に飾られているイルミネーション「ビッグツリーページェント・フェスタinKORIYAMA」を写真に撮ってきました。まだ11月中の平日だったせいか人通りも多すぎず、寒すぎず、ゆっくり写真を撮るには好条件だったようです。場所が中核市の主要駅…

夜の長岡市役所を写真に撮ってきた【目を引くデザインの建物:アオーレ長岡】

出張先の長岡市の街なかで、たまたま通りかかった建物がとても目を引くデザインでした。周囲の案内プレートなどを見るとどうやら市役所の庁舎らしいです。この施設は「アオーレ長岡」という名称が付いていて、建物の中には勉強してるような学生がいたり広場…

晩秋にライトアップされたイチョウ並木を写真に撮る【カメラに写る黄色の世界】

見事なほどにライトアップされたイチョウ並木は私のようなカメラ初心者でも撮り応えのあるものです。そして、ターゲットを絞った写真を撮りたいと思い出かけてきたこのイチョウ並木ですが、こんなロマンチックな場所には幸せそうな家族たちやカップルが付き…

お洒落な社外品のカメラストラップは大人の男を想定していない

カメラを首から下げて街を歩くスタイルは少し勇気がいるものです。行きかう人々が生活圏としていて、ことさら珍しいと思ってはいない街並みをわざわざ写真に撮りたい人は外国人観光客くらいなものでしょう。しかも、この格好はカメラ女子なら違和感がなくて…

秋の写真を撮り集めながら考える「この季節を捕らえるテクニック」

お気に入りのカメラを手に秋の写真を撮り集めてみました。秋を表現できるものは様々ですが紅葉などの風景写真やコスモスの花などが代表的なところでしょうか。それから私の理想では、空気の乾いた秋晴れの日に、街角を散歩中ふと見かけた街路樹からの木漏れ…

クローズアップレンズで近接撮影【20mm / F1.7 II ASPH.にMARUMI_MC+3】

屋内で食べ物などを撮っていると、もっと近づいて撮影できるレンズが欲しいと思うときがあって、これは達人たちの間では「もっと寄れるレンズが欲しい」という言葉で表現されているようです。雨で外での撮影が難しいときなどは、近づいて表面の質感を表現で…

アイスクリームを撮るなら表面のザラザラがフォーカスポイント

商品のパッケージや広告などで見かける綺麗にとれたアイスクリームの写真。よく見るとそれぞれの写真で共通するものがあります。それは一部ザラザラした表面を写しているところ。あれがないとアイスクリームらしくなく無機質なものに見えてしまうようです。

シルバー調のボディに黒レンズは似合う?

ミラーレスデジタルカメラは各メーカーから様々なカラーのもの出ています。カメラ本体の色が黒以外の色の場合、レンズを選ぶ際にはキットレンズと同色の物を選ぶのが無難ではありますが、上級レンズでは黒しか選べないことが多いです。例えばシルバーを主体…

風に揺れる七夕飾り【台風が近づく仙台にて】

台風が近づいていた日の事でしたが、たしか仙台七夕まつりが最終日だったと思い出し仙台の街中をのぞいてみることにしました。普段なら仙台市の七夕まつりは8月の猛暑真っただ中に開催され、仙台市も街の中は熱気がこもり暑さが応えるイメージです。

初心者がボケ味という言葉に受ける印象

趣味としてカメラを始めた初心者が、カメラのレビューを見たり扱い方やなどを調べていくうちに様々な専門用語に出くわすことになります。 そんななかで、馴染みやすい言葉のわりに理解に苦しむのが「ボケ味」という表現です。 ちなみに、「ボケ味」と書いて…

夏の写真を撮りました【ラムネわらび餅】

カメラを趣味にすると決めたからにはこの季節にぜひ夏らしい写真が欲しいものです。暑い日が続きますが、レンズを透した自分らしい涼しい夏を探してみました。今回狙ったのはスーパーで見つけた冷たい食べ物(ラムネわらびもち)と、街で見かけた夏の風景な…

カメラの趣味に必要なモノ

趣味としてカメラを楽しみたいと考えたときに、備えておくと便利なものがあります。どんな趣味でも道具を揃えるにあたって初心者だからこそ必要と考えてしまうモノもあります。カメラ本体を購入した後に、あれば便利だなと購入したもの、これから欲しくなっ…

LUMIX_DMC-GM1SにはH-H020A【G20mmf1.7Ⅱ】が良い

趣味のカメラとしてPanasonicのDMC-GM1Sを所有することになりましたが、レンズ交換式のカメラで写真を撮るには単焦点レンズが良いらしいと聞き、早速噂の神レンズG20mmf1.7を使ってみることにしました。 写り云々よりデザインの相性はすこぶる良いようです。

至高の街撮りカメラLumixDMC-GM1Sを手に入れた

小さいカメラLumixDMC-GM1Sが私のお気に入りカメラ。見た目も使い心地も最高の街撮りカメラです。愛用のレンズはも勿論ルミックスの20mmf1.7小さな筐体に大きなレンズの組み合わせがたまりません。このカメラを手に街を歩いているだけで楽しい気分になれ…

こんなものが撮れました

ビジネスホテルのドアにレンズを当ててみたら見えた風景です。 こういったお遊びはなかなか撮れない? 正面に見えるのはリネン庫のような部屋でした。いつまでもやってたわけではないのでご安心いただきたいと思います。 こういう発想は普段から意識してない…

カメラを趣味にしようと決めた理由

カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。カメラを趣味として選ぶ…