だんまん

撮り歩き

魚眼レンズで撮る夜の街

カメラを手に街中を撮り歩くのは楽しいわりに、どうしても人や車が写り込みやすいので気軽ではありません。今回は人気の少ないタイミングを選んで夜の街を撮り歩いてみた画像です。レンズは魚眼レンズを選んでみました。
関連品

三脚の雲台が壊れる

三脚にカメラを固定しようとしたところ、グラグラして上手く固定できない状態。雲台をポールに固定する部分が破損していたのが原因でした。調べてみると汎用品での修理は難しい模様。
カメラ

パシャパ(PashaPa2)の画像データを携帯電話に転送する方法

かつてauから販売されていたガラケー専用の小型カメラの「パシャパ」ですが撮影画像を利用するためには当時物の携帯電話が必要になります。年代的には2000年代中ごろのモデルがパシャパ2に対応していると思われます。
レンズ

マイクロフォーサーズ14mmと20mmの撮り比べ【イルミネーション編】

20mmF1.7と比較し存在感の薄い感じがするH-H014_14mmF2.5ですが、H-H020Aとの違いを街のイルミネーション画像で比較してみることにしました。画角の違いのほかに移りにはどんな違いが表れるのでしょう。
カメラ

LUMIX_GM1Sのシャッタースピード設定

Panasonic製ミラーレス一眼カメラ「LUMIX_DMC-GM1S」で撮影時にシャッタースピードを調整する方法について確認してみました。夜景を撮影するときなど意識的に光量を上げたいときのために使えるマニュアル設定です。
レンズ

ちょい広角LUMIX_G【14mm/F2.5 ASPH.H-H014】

カメラを街に持ち出したとき、常用の20mm/F1.7だともう少し広く写したいという場面に出くわすことがしばしばあります。そこで20mmよりちょっとだけ広く写せる14mmのレンズを試してみることにしました。
カメラ

auの携帯電話用カメラ「パシャパ2」

携帯電話にカメラが搭載されていなかった頃、外付けのカメラというのが存在しました。auからオプション品として販売されていたPashaPa2もそうしたカメラの一つです。
レンズ

テレコンバーションレンズ【RAYNOX_TELEPHPTO_1.8X】

ジャンク品コーナーでテレコンバーションレンズを見つけたので手元のマイクロフォーサーズに装着。RAYNOXテレコンの望遠効果はどんなものなのか試してみました。
カメラ

初期の液晶無し低価格デジカメCASIO_LV20

CASIOの低価格デジカメLV20は、いつでも気軽に家族写真が撮れるデジカメというのがコンセプトでした。使い捨てのフィルムカメラのような位置づけを狙った製品とも言えそうです。
レンズ

オリンパスのワイドコンバーターWCON-P01

風景を撮るのが目的なら広角レンズは是非揃えておきたいところです。しかし、あらためて広角レンズの価格を調べてみると結構な値段。そこでメーカー純正のワイドコンバーターというものを試してみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました