レンズ

レンズ

Pixco(バシュポ)CCTV Micro4/3超広角8mm/F3.8魚眼レンズ

マイクロフォーサーズで使える超広角レンズPixcoCCTV8mmf/3.8を街撮りに使ってみました。外装が樹脂で出来た見た目も価格もお手軽レンズですが、安価なだけに気兼ねなく持ち歩いて使える点は便利です。
レンズ

スマホ用マクロレンズを試す

スマホの本体を挟み込んで装着するタイプのマクロレンズを使ってみました。これが上手く使えれば一眼カメラは風景用、スマホは食品や小物、機械など用にと目的ごとに使い分けが出来そうです。
レンズ

スマホ用挟んで使う広角レンズ

気にはなっていたものの試したことがなかったスマホ用のクリップ式のレンズを使ってみることにしました。広角レンズがあれば風景を撮りたいときにより広い範囲を写すことが出来ます。
レンズ

マイクロフォーサーズ14mmと20mmの撮り比べ【イルミネーション編】

20mmF1.7と比較し存在感の薄い感じがするH-H014_14mmF2.5ですが、H-H020Aとの違いを街のイルミネーション画像で比較してみることにしました。画角の違いのほかに移りにはどんな違いが表れるのでしょう。
レンズ

ちょい広角LUMIX_G【14mm/F2.5 ASPH.H-H014】

カメラを街に持ち出したとき、常用の20mm/F1.7だともう少し広く写したいという場面に出くわすことがしばしばあります。そこで20mmよりちょっとだけ広く写せる14mmのレンズを試してみることにしました。
レンズ

テレコンバーションレンズ【RAYNOX_TELEPHPTO_1.8X】

ジャンク品コーナーでテレコンバーションレンズを見つけたので手元のマイクロフォーサーズに装着。RAYNOXテレコンの望遠効果はどんなものなのか試してみました。
レンズ

オリンパスのワイドコンバーターWCON-P01

風景を撮るのが目的なら広角レンズは是非揃えておきたいところです。しかし、あらためて広角レンズの価格を調べてみると結構な値段。そこでメーカー純正のワイドコンバーターというものを試してみました。
レンズ

オールドレンズの見た目が格好良い【マイクロフォーサーズにOMマウント】

とある中古品店のジャンク売場で見つけた古いレンズが、まわりのレンズに比べ存在感が際だって見えます。このレンズの正体はOMレンズだったのですが、ジャンクにしては程度もよく格好良いレンズなので私的にはアルバイト店員が良品とジャンクの区別が付かずにこういった扱いになったのではと感じます。
レンズ

LUMIXの望遠電動ズームレンズH-PS45175がメカニカルでカッコイイ【マイクロフォーサーズ45-175mm】

LUMIX_DMC-GM1SKのキットレンズとして手に入れたH-PS45175-Sですが、この製品はカメラに機械としての魅力を感じる者にとって正にうってつけの望遠ズームレンズ。アナログ感を意識しない斬新なデザインは、そのサイズからも余計なものを切り捨てた潔さとメカニカルな雰囲気を漂わせています。
レンズ

クローズアップレンズで近接撮影【20mm / F1.7 II ASPH.にMARUMI_MC+3】

屋内で食べ物などを撮っていると、もっと近づいて撮影できるレンズが欲しいと思うときがあって、これは達人たちの間では「もっと寄れるレンズが欲しい」という言葉で表現されているようです。雨で外での撮影が難しいときなどは、近づいて表面の質感を表現できるレンズが欲しいものですがマクロレンズはとても高価ですよね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました