ちょい広角LUMIX_G【14mm/F2.5 ASPH.H-H014】

カメラを街に持ち出したとき、常用の20mmF1.7だともう少し広く写したいという場面に出くわすことがしばしばありました。

そこで20mmよりちょっとだけ広く写せる14mmのレンズを試してみることにします。

14mmF2.5広角パンケーキ

できれば思い切って超広角レンズに手を出したかったのですが、最新型のカメラ本体が購入できてしまう値段です。

悩んだ末にチョイスしたのが、中古で価格が手ごろなPanasonicの14mm/F2.5 ASPH.H-H014。

Panasonicの単焦点14mm

手持ちのH-H020Aが評判の良いレンズで、これの14mm版なら間違いないレンズだろうと見込んだわけです。

F値が2.5なので20mmF1.7ほど明るくはありませんが気持ち広く写せることになりそうです。

GM1への装着感

早速GM1Sに14mmF2.5を装着してみました。

H-H014レンズを装着したGM1S

キットレンズと変わらない大きさの14mmF2.5

H-H020A

H-H020Aだとレンズが大きい

20mmF1.7のゴロゴロとした印象に比べると小さく収まってしまっています。

若干軽く持ち歩きやすくなりましたがレンズの存在感はありません。

安価に風景を広く写したいスタイルがこれなので、まずは試し撮りに使ってみることにします

スポンサーリンク
 

マイクロフォーサーズの14mmの広角具合

この14mmF2.5は35mm換算での焦点距離は28mmなのでぎりぎり広角と呼べるレンズですが、実際に撮れる画像はどんなものなのでしょう。

街撮り画像20mmF1.7

20㎜_H-H020A

街撮り画像14mmF2.5

14mmで撮影した画像

今までの20mmとは6mmしか差がありませんが、まあまあ広く写せているかなといった感想です。

試し撮りとしては嬉しいことに右端に窓枠まで写り込んでしまってました。

14mmと20mmを並べた画像

左の20mmは前玉が大きい

こうして14mmを新たに入手したものの、20mmF1.7の明るさはやはり捨てがたいものです。

今まで通り常用のレンズとしては20mmの単焦点を使い、14mmF2.5は小さく軽いので、広めに写したいとき用にバッグの隅に忍ばせておく使い方かなと思います。

マイクロフォーサーズのパンケーキは小さく軽く並のレンズとは比較にならないほど持ち運びが気になりません。

このPanasonicのH-H014でまだ狭いと感じるようになれば、その時は仕方がありませんので上位の超広角レンズに手を出すことを検討することにします。

ちなみに現行の単焦点14mmの型番はH-H014Aとなっていて20mmと同じくシルバーも選べるようです。

シルバーだと色もサイズもオリンパスの17mmF2.8に似ている感じでしょうか。