auの携帯電話用カメラ「パシャパ2」

携帯電話にカメラが搭載されていなかった頃、外付けのカメラというのが存在しました。

auからオプション品として販売されていたPashapa2もそうしたカメラの一つです。

PashaPa2本体

このPashaPa2は単体で使用が可能で、撮影した画像をフューチャーフォン(ガラケー)で見ることができるというもので、当時としては画期的な商品でした。

パシャパ2本体

名前の通りパシャパ2がでる以前に初代パシャパというのが存在していて、パシャパ2より丸みのあってスケルトンケースを採用した小型のカメラでした。

画質は、初代もパシャパ2もそれなりといったところです。

仕組みと使い方

キャップを取ったPashapa2

PashaPa2の正面には中央にレンズとフラッシュがついていて、側面のキャップを外すとがらけーとの接続端子が備えられています。

電源スイッチとシャッターボタンの位置

上部にはスイッチとシャッターボタンがあります。

スイッチは中央にしたときにフラッシュが使える仕組みです。

赤く点灯するスイッチ

赤く点滅しているのがスイッチ

電源スイッチを入れるとしばらく埋め込みのLEDが赤く点滅します。

スポンサーリンク
 

この点滅が落ち着いた後にシャッターボタンを押して撮影という手順かと思われますが、何分昔のものなので説明書などなく定かではありません。

単四電池を使用

電源は単四乾電池

肝心の携帯への画像転送も、使えるガラケーが当時ものに限られるのか、スマホ世代直前のモデルでは転送メニューらしきものが確認できませんでした。

昔の画像データは残っていると思われますが、何を写したかは全く覚えていません。

古いau携帯を入手できる機会があったらデータ転送を試してみたいです。

その後、画像の取り込みに成功しました。