カメラを楽しむライフスタイル

カメラを手にした大人の男は颯爽と外へ出るのでした

カメラを趣味にしようと決めた理由

人の趣味は、数ある選択肢の中から選んで決めるものではなく。気づいたら好きな物が趣味になっていたというのが普通だと思います。

ただし、生活の変化や様々な経験を重ねていく中で今までの自分の趣味に見直しを迫られたり、あるいはもっと他に好きなこと、興味がもてることがあるのかもしれないと疑問を感じる時があることでしょう。

そんなときこそ、カメラを趣味として検討みるチャンスです。

カメラそのものが好き

実はこの私、男の趣味はカメラしかないという持論を持っています。

写真を写すことは、自分の追い求めたものを手中にするという行為に似ていて、そのような道具としての要素を持つカメラは、ちょっとした時間に手で弄ぶのにもちょうど良いサイズ感です。

趣味としてのカメラ

そして、独特のルックスはメカニカルな雰囲気を醸しだしコレクションにも相応しい存在と言えるでしょう。

いざシャッターを押すというアクションに入る前に、すでに道具としての魅力を備えているのがカメラなのです。私も、そんなカメラの魅力に惹かれのが、趣味としてカメラを手にすることになった理由です。

カメラで写す現実と理想

そんなわけで、私たちは様々な理由によりカメラを持ち歩くことになりますが、そこで気づかされるのが写したい理想と自分が実際に写した写真とのギャップです。

背景ボケした夜景の写真

カメラの性能により、現実が理想にマッチした形で写真が仕上がることも勿論ありますが、そう多くはないことに直ぐ気づくことでしょう。

理想との距離を記録してくれるカメラは、自分が選んだ現実のシーンを客観的に映し出してくれます。

カメラ初心者ならではの実感かもしれませんが、理想との距離がどれだけあってドコまで近づけるかが想像できることは、自由な時間を楽しむための道標となることでしょう。

望む場面、求めたいモノなど、自分が次にどちらの方向へ進むべきかを知ることは大事なことです。

そう感じることが出来れば、カメラを趣味にしたことで大きな個人利益を得たと言っても過言ではありません。

趣味のカメラで人生をドラマティックに

人は人生の節目にカメラを手に取ります。

そして、カメラは私たちの人生を忠実に写しだして表現してくれる機械です。

桜の木漏れ日写真

画像という媒体へ自身の行動範囲の風景や建物、あるいはすれ違う人々などを写すとき、それらはモダンであって欲しくて、美しさや愛らしさが求められることでしょう。

モダンな風景に浸りたい。
美しさに感動する時間を過ごしたい。
カメラは私たちをそんなライフスタイルへ誘ってくれることでしょう。

趣味としてカメラを選ぶことは、自分のライフスタイルを見つめ直し理想を追い続けることに繋がります。

カメラは私たちをワクワクさせ、心を満たしてくれる魔法のツールであると言えるでしょう。