HAKUBA「ハクバ」の4段三脚W312B

日頃はフットワーク重視ということがあって、趣味カメラでの写真撮影は専ら手持ちで間に合わせてしまっています。

[しかし、夜間の撮影や手ぶれを避けたい場面では三脚が欲しくなるのは否めません。W-312はそんなライトユーザーにピッタリの三脚。

スポンサーリンク

気軽に使える三脚W-312

以前に、雲台が壊れて直せなかったことを記事に書いていましたが、その後に本格的な物でなくても気軽に扱える手頃な三脚が欲しいと考えていたところでした。

そんなライトな趣味カメラに似合う三脚を探していたところで目に止まったのがHAKUBAから発売されているW-312Bです。

W312Bの箱を開封

購入後に箱を開封してみると、ナイロン生地のソフトケースに入った状態。

販売サイトでは型番がW-312またはW-312BKと表記されていますが、箱にはW312Bと書かれています。

末尾のBは「ブラックエディション」の意味で、脚の色が黒になっています。

足を延ばさず三脚を立てた状態

脚を伸ばさずに広げた状態では、このようなコンパクト感です。

最大長まで伸ばしたW312

脚も真ん中の支柱も最大に延ばしすと1,285mmの高さになるそうです。

W312Bの仕様

W312の主な仕様は次の通り

総伸長 1,285mm
使用時最低高 410mm
縮長 440mm
重さ 730グラム

趣味カメラ、特にミラーレスには丁度良いスペックかと思います。

樹脂パーツが多く使用されていて、高級感はありませんが使用頻度が多くないこと、重量のあるカメラを扱わないこと等を考えると当分はこれで良いかなと思っています。

3Way雲台

雲台にGM1Sを取り付けたところ

W312にミラーレス一眼を取り付けたところ

雲台の水平器

水平器もついている

カメラを設置し横から見たところ

このW312には3Way雲台という機能があります。

縦撮りへの切り替えが楽

ワンタッチで縦撮りへの切り替えが可能

雲台の角度が上下左右の他に、縦横の角度の切り替えが簡単に変更できる仕組みになっています。

カメラの設置麺

カメラの取り付け部

クイックシューの外し方

レバーを引くとアダプターが外せる

それから雲台とカメラが簡単に脱着できるクイックシューと呼ばれるアダプターが使われていますが、GM1Sではバッテリーの蓋が開かなくなることとレンズの組み合わせでは向きを前後逆に付けなければなりませんでした。

雲台の取り付けアダプタとGM1S

ミラーレス一眼とクイックシューアダプタ

カメラにアダプタを取り付け

カメラにアダプターを取り付け

このように少し制約はありますが、三脚に対してカメラ本体をねじ込むよりも取り付けやすい印象です。

趣味カメラに相応しい三脚

購入したW312Bはブラックエディションですが、色違いのシルバーエディションもあります。

W-312は、ハイグレードな三脚はいらないけど、たまにカメラを固定して夜景などを撮影してみたい。三脚を使った撮影のメリットを体験してみたいといったユーザーには向いていると思います。

使う機会がないから三脚はいらないと割り切ってしまうと、いざ欲しい場面で直ぐに持ち出せないことになります。

そして、私のような街歩き手撮り趣向な者には隠し技的なツールとしてしばらくの間は役に立ってくれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました